[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

三笘薫、独走70mドリブルを自身で解説 意識していた“たった1つ”のポイントとは?

「DAZN」のパートナーメディアで構成される「DAZN Jリーグ推進委員会」の企画として、元日本代表DFで“闘将”としても知られる闘莉王氏が地球の真裏から「今月の最も熱いプレー」をテーマに選出する月間MIP。11月の「Jリーグ月間 最熱モーメント」には、今季、J1リーグを制した川崎フロンターレの三笘薫が見せた、「素晴らしいドリブル突破の一言」と闘莉王氏も舌を巻く約70メートルのドリブルが選ばれた。

11月18日の横浜F・マリノス戦で、約70mドリブルからアシストを決めた川崎フロンターレ・三笘薫【写真:Getty Images】
11月18日の横浜F・マリノス戦で、約70mドリブルからアシストを決めた川崎フロンターレ・三笘薫【写真:Getty Images】

元日本代表DF闘莉王氏が選ぶ11月の「最熱モーメント」選出を受けて、三笘がコメント

「DAZN」のパートナーメディアで構成される「DAZN Jリーグ推進委員会」の企画として、元日本代表DFで“闘将”としても知られる闘莉王氏が地球の真裏から「今月の最も熱いプレー」をテーマに選出する月間MIP。11月の「Jリーグ月間 最熱モーメント」には、今季、J1リーグを制した川崎フロンターレの三笘薫が見せた、「素晴らしいドリブル突破の一言」と闘莉王氏も舌を巻く約70メートルのドリブルが選ばれた。

【PR】日本くじ史上最高額! 1等最高12億円の「MEGA BIG」でくじを楽しみながら日本のスポーツを盛り上げよう

 そのシーンは、11月18日に行われた第30節、横浜F・マリノスとの神奈川ダービーで生まれた。2-1と、川崎Fが1点リードして迎えた後半アディショナル、そのまま終了しても川崎Fが勝利を収める試合。横浜FMのサイドからの攻撃をクリアし、三笘にボールが渡った時だった。

「最初は、時間帯のこともあったし、(ボールを)トラップした時点でスペースがあったので、リスクを避けるためにも前に運ぶことを考えていた。でも、相手があまり(守備に)来なかったので、前に行こうと決めて、1人をうまく抜くことができてゴール前まで行くことができた。そして(小林)悠さんがフリーだったので、パスを出した」

 ボールを受けてから迷うことなく、相手ゴール前までドリブルで持ち上がったように見えたが、ゴールまでの道筋は見えていたのだろうか? その問いに、三笘は「全く見えていなかった」と答えた。しかし、リスクを避けて「前に運ぶことだけを意識した」結果、ボールを運ぶことができ、ゴール前で横浜FMのセンターバック、チアゴ・マルティンスが前に寄せてきた時に「仕掛けよう」と決めたという。

 また、闘莉王氏は三笘が所属する川崎Fについても、「勝利と若手育成」を両立させていることを評価したが、三笘自身も「選手層が厚くて、素晴らしい選手がいる中で、試合に出ることで成長できるし、特に練習の中でもいい競争ができている」と語り、「どれだけできるのかを自分自身が一番把握しているつもりだし、試合を振り返って、『こうすれば良かったな』というシーンをいくつも見て反省して、次に生かすことをやっている」とプロ1年目での自身の成長を実感している。

「ドリブルは見る人を魅了できるものだと思うし、自分のプレーとしての価値が現れると思う」と語る三笘。これからも、「いろいろな人を魅了できるドリブルを出していきたい」と決意を口にした。「小さい頃からの夢」と位置付ける日本代表を目指して、三笘は輝き続ける。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集