[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【月間表彰】川崎F・三笘薫の超絶70mドリブルを選出 闘莉王が「ネイマールのよう」と絶賛する理由

サッカー界で最も熱い男が選んだ、漢を感じる熱いプレーとは。

11月のJリーグの「月間最熱モーメント」に川崎フロンターレ・三笘薫の70mドリブルを選出した【写真:Getty Images】
11月のJリーグの「月間最熱モーメント」に川崎フロンターレ・三笘薫の70mドリブルを選出した【写真:Getty Images】

闘将を熱くさせたワンプレーを選出、11月は「J1王者川崎の大卒新人MF三笘が70mドリブルでアシストした瞬間」

 サッカー界で最も熱い男が選んだ、漢を感じる熱いプレーとは。

【特集】「音」が握る勝負の鍵 静寂から生まれる熱い攻防・ゴールボールの魅力とは / ゴールボール・小宮正江選手、欠端瑛子選手、浦田理恵選手インタビュー(GROWINGへ)

 今季J1を制した川崎フロンターレのMF三笘薫が、11月18日の第30節横浜F・マリノス戦(3-1)で1ゴール1アシストの活躍を見せた。後半アディショナルタイムには、約70メートルをドリブルで駆け抜け、絶妙なアウトサイドキックでダメ押し弾をお膳立て。昨季限りで現役引退した元日本代表DF田中マルクス闘莉王氏は、スポーツチャンネル「DAZN」のパートナーメディアで構成される「DAZN Jリーグ推進委員会」との企画で、11月のJリーグの「月間最熱モーメント」にこの超絶アシストを選出した。「THE ANSWER」のインタビューで闘莉王氏は新たな才能に太鼓判を押した。

 ◇ ◇ ◇

「最も目について、このプレーはいいな、このプレーは日本代表レベルだなと思ったのが三笘選手でしたね」

 昨年現役引退し、ブラジルで実業家として活躍する一方、公式YouTubeチャンネル「闘莉王TV」でブラジルの生活を魅力たっぷりに届けている闘莉王氏。そんな闘将が絶賛したのは今季J1を制した川崎で大卒ルーキーながら主力として輝きを放っている三笘だった。

 今季29試合13得点と活躍する三笘を象徴するようなシーンがあった。第30節横浜FM戦。この一戦で途中出場した三笘は後半8分にリーグ7位タイとなる今季12ゴール目を決めて先制点をもたらした。

 さらに、23歳のルーキーは先制点以外でも魅せた。後半アディショナルタイム5分、自陣ゴール付近で味方のクリアボールを拾い、そのままドリブルを開始。左サイドのタッチライン際を駆け上がると、センターライン付近で食らいつく相手MF渡辺皓太を振り切り、カバーに来たDFチアゴ・マルチンスの逆を突いて一瞬で抜き去る。そして、最後は右側からDF畠中槙之輔が寄せてきたところで、右足アウトサイドで中央に出し、小林のフリーのシチュエーションを作り出した。約70メートルを駆け抜ける圧巻のドリブルでダメ押し点をアシスト。闘莉王氏はドリブラー三笘のプレースタイルに注目した。

「自分がDFだとしたら(三笘に)前を向かれた状況で止めるのが難しい。なぜかというと、ボールを両足で扱うのが本当に上手。右足でも左足でもボールを触りながら仕掛けるというのがすごく上手で、なかなか(他には)出てこない選手だと思う。DFからしたらなかなか飛び込めない。飛び込んだとしてもボールが足の近くにあるので、すぐかわされる。すごく止めづらい選手だなという印象」

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集