[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【月間表彰】川崎F・三笘薫の超絶70mドリブルを選出 闘莉王が「ネイマールのよう」と絶賛する理由

田中マルクス闘莉王氏は三笘の強みを分析した【写真:闘莉王TV提供】
田中マルクス闘莉王氏は三笘の強みを分析した【写真:闘莉王TV提供】

急成長を後押しする川崎の高い“完成度”「ちょっとした技術だけでは生きられない」

 川崎の下部組織で育ち、筑波大へ進学。今季から大卒ルーキーとして“古巣”に戻ってきた。競争の激しい川崎で文句なしの結果を残し、主力の1人として輝きを放っている。各年代別代表にも選出され、アジア大会やトゥーロン国際大会などに出場。今季のベストヤングプレーヤー賞の最有力候補とされ、将来の日本代表入りも期待される。現役時代には様々なクラブで経験を積んだ闘将は、三笘の好調の裏に川崎の“完成度”があると分析する。

【注目】育成とその先の未来へ 野球少年・少女、保護者や指導者が知りたい現場の今を発信、野球育成解決サイト「First Pitch」はこちら

「長年Jリーグでやってきて最も難しいのは世代交代と感じている。どのタイミングで世代交代するのか、どのタイミングでベテランを切って若い選手を育てるのか。いろんな失敗を見てきた。今、最もいい例は、鹿島(アントラーズ)もそうですが、フロンターレ。調子がいいときに若手を入れてベテランの技、勝負強さを盗んで、活躍していく。勝ち癖を身につけるからこそいい育ち方をする。あとは、やっぱりレベルの高い川崎にいるということで、自分を磨かなければいけない。ちょっとした技術だけでは生きられない。いろんなところをレベルアップさせ、足りていないところを工夫して上達させる。FWやっていても20点ぐらい取れそう」

 さらに、闘莉王氏は三笘の強みをルーキーでは珍しい“自己把握能力”の高さだと指摘。強豪・筑波大での経験が「間違いなくプラスになっている」とし、「自分のプレーを自分自身で把握して、どういう勝負に持って行ったら有利になるか分かっている」と、クレバーなスタイルを称賛した。その勢いは、ある“スター選手”に似通っているという。

「どっちかというとサイドで勝負するタイプ。世界で言えばネイマールのような。外に張って中に入ってくる、両足使える、外もいける、中も使える、スピードもある、突っかかってくるDFをかわすのも上手だし、DFが構えて待つという状況でも自分から仕掛けてドリブルもできる。ただのドリブラーじゃなくてゴールが上手く決められる。ゴール前の落ち着きはそこらへんの選手、若手とは違う」

 来年には2022年カタール・ワールドカップ予選が再開。森保ジャパンに三笘が食い込んでくるのかが一つの注目となる。長らく日本代表の最終ラインを支えてきた闘莉王氏は、23歳の新星について「なかなかいない珍しいタイプの選手で、得点力もある。こういう選手は代表に必要だと思う」と太鼓判を押した。生きのいい若手の活躍に、闘将も納得だったようだ。

■田中マルクス闘莉王

1981年4月24日生まれ、ブラジル出身。渋谷教育学園幕張高を卒業後、2001年にJ1広島でプロデビュー。06年に浦和のリーグ初優勝に貢献し、同年のJリーグMVPに輝く。07年にACL優勝、名古屋移籍後の10年に自身2度目のJ1制覇。03年の日本国籍取得後は日本代表としても活躍し、04年アテネ五輪、10年南アフリカW杯に出場。日本代表43試合8得点の成績を残した。19年12月にJ2京都で現役引退。現在はブラジルで実業家として活動する傍ら、公式YouTubeチャンネル「闘莉王TV」も話題に。

(小杉 舞 / Mai Kosugi)

1 2 3 4
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集