[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • ナダル、衰えない闘争心 シーズン初戦からの出場を明言「再スタートする必要がある」

ナダル、衰えない闘争心 シーズン初戦からの出場を明言「再スタートする必要がある」

男子テニスのラファエル・ナダル(スペイン)は、2017年シーズンを世界ランク1位で終えた。最終戦となったATPツアーファイナルズを膝の負傷で棄権したが、来たる新シーズンに向けて順調に回復しているという。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が伝えた。

シーズン終盤に膝を負傷…周囲の不安視に対して大事を取っての判断と一蹴

 男子テニスのラファエル・ナダル(スペイン)は、2017年シーズンを世界ランク1位で終えた。最終戦となったATPツアーファイナルズを膝の負傷で棄権したが、来たる新シーズンに向けて順調に回復しているという。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が伝えた。

 近年負傷に苦しんだナダルは今年、鮮やかな完全復活を果たした。

 1月の全豪オープン決勝でロジャー・フェデラー(スイス)とのテニス史に残る激戦を繰り広げると、その後のATPツアーでも順調なプレーぶりを披露。得意の全仏オープンで通算10度目の優勝を果たし、“赤土の帝王”ぶりを遺憾なく発揮した。そして、今季最後のグランドスラムとなった全米オープンも制するなど、31歳の今もなお健在であることを示した。

 ただ、シーズン通じての激戦が膝に影響を与えていた。シーズン終盤のスイス室内を欠場し、続くBNPパリバ・マスターズ、そしてツアーファイナルズも途中棄権となった。来季に向けて不安視されるが、ナダル自身は「怪我を抱えてしまったのは事実だよ、ただより良く回復するために、今は少し時間をおいているところだ」と大事を取っての判断だったとしている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー