[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【名珍場面2020】1日6食、7000kcal摂取 “世界最強の怪力”の食生活とは…妻証言「通常の皿ではダメ」

2020年も12月を迎えた。スポーツ界は新型コロナウイルスの影響を受けたが、感動を与えるスーパープレーから思わず笑う珍事まで、記憶に残るシーンも誕生。「名珍場面2020」と題し、今年を振り返る。今回はデッドリフトの前世界記録保持者で「世界最強の男」コンテストの優勝経験を持つエディー・ホール(英国)。10月、1日の摂取カロリーが成人男性の約3倍に当たる7000キロカロリーであると、ホールの妻が衝撃証言をしたことで話題となった。

エディー・ホール【写真:Getty Images】
エディー・ホール【写真:Getty Images】

「スポーツ界の名珍場面総集編」―10月、デッドリフト500キロ男の食生活が話題に

 2020年も12月を迎えた。スポーツ界は新型コロナウイルスの影響を受けたが、感動を与えるスーパープレーから思わず笑う珍事まで、記憶に残るシーンも誕生。「名珍場面2020」と題し、今年を振り返る。今回はデッドリフトの前世界記録保持者で「世界最強の男」コンテストの優勝経験を持つエディー・ホール(英国)。10月、1日の摂取カロリーが成人男性の約3倍に当たる7000キロカロリーであると、ホールの妻が衝撃証言をしたことで話題となった。

【PR】日本くじ史上最高額! 1等最高12億円の「MEGA BIG」でくじを楽しみながら日本のスポーツを盛り上げよう

 驚異的な食生活が報じられた。顔の10倍ほどはありそうな超巨大のナンを手に持った男。自身のインスタグラムに実際の写真を公開し、文面で「4キロのナンを食べる」と説明しているこの男が、エディー・ホールだ。海外ファンからは「狂っている」「面白すぎる」「こんなものが存在するのか」などと驚きの声が寄せられていた。

 デッドリフト500キロという驚異的な怪力を誇るホール。今年10月、「怪力男のエディー・ホールの妻が、1日7000キロカロリーという彼の巨大な食事を説明した」との見出しで記事を掲載したのは、英紙「デイリー・スター」だった。

 記事では、ホールが毎日6回、高カロリーの食事をしていることなどを説明。妻アレクサンドラさんが「彼(ホール)は週4日、45分の有酸素運動と3時間のウエイトトレーニングを行っているの。そして彼は昼寝をして、ディナーを食べ、そしてボクシングのトレーニングをしているわ」などと語ったことが伝えられていた。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集