[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥戦から1か月 マロニー、5か月ぶり家族再会の瞬間に反響「本日最高の出来事」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)に敗れたジェイソン・マロニー(オーストラリア)が双子の弟・アンドリューとともに帰国。5か月ぶりに家族と再会を果たした感動シーンを米興行大手・トップランク社が公開し、海外のボクシングファンを「この笑顔」「これがすべてだ」「自分も赤ちゃんにキスしてしまったよ」とほっこりさせ、反響が広がっている。

ジェイソン・マロニー【写真:Getty Images】
ジェイソン・マロニー【写真:Getty Images】

帰国&隔離期間を終えて家族と再会、トップランク社が実際のシーン公開

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)に敗れたジェイソン・マロニー(オーストラリア)が双子の弟・アンドリューとともに帰国。5か月ぶりに家族と再会を果たした感動シーンを米興行大手・トップランク社が公開し、海外のボクシングファンを「この笑顔」「これがすべてだ」「自分も赤ちゃんにキスしてしまったよ」とほっこりさせ、反響が広がっている。

【注目】新天地で活躍中! 久保建英の見事な守備からヘタフェが開始20秒で先制する動画はこちら

 未曾有の感染症が広がる米国で戦ったマロニー兄弟が家族と再会した。トップランク社公式インスタグラムが公開したのは動画と2枚の写真。空港とみられる場所でジェイソンとアンドリューがそれぞれまだ幼い赤ん坊を抱き、満面の笑みを浮かべている。ジェイソンは10月31日の井上戦の前から行っていたキャンプ、帰国後2週間の隔離期間を含め、5か月ぶりとなる家族との再会となった。

 投稿では「本日最高の出来事:マロニー兄弟が2週間の隔離期間を終え、家族と再会」と紹介。目の当たりにした海外ファンからは「この笑顔。わが家に勝るものはない」「これがすべてだ」「キュートだ」「良かったね。彼は奪われた。以上」「良くやった、いつだってオーストラリアの誇りだ」「自分も赤ちゃんにキスしてしまったよ」「また来年いい試合をしてくれる」などと声が上がっていた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集