[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

21歳田中希実が東京五輪内定 廣中との一騎打ち制し「苦しい思いして勝ち取った権利」

陸上長距離種目の日本選手権が4日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。女子5000メートルでは、21歳の田中希実(豊田自動織機TC)が15分05秒65で初優勝を飾り、東京五輪代表に内定。五輪初出場を決めた。優勝すれば内定していた20歳の廣中璃梨佳(日本郵政グループ)は15分07秒11で2位だった。

日本選手権、女子5000メートルで初優勝を飾った田中希実【写真:奥井隆史】
日本選手権、女子5000メートルで初優勝を飾った田中希実【写真:奥井隆史】

陸上長距離種目の日本選手権開催

 陸上長距離種目の日本選手権が4日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。女子5000メートルでは、21歳の田中希実(豊田自動織機TC)が15分05秒65で初優勝を飾り、東京五輪代表に内定。五輪初出場を決めた。優勝すれば内定していた20歳の廣中璃梨佳(日本郵政グループ)は15分07秒11で2位だった。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 序盤から田中と廣中が上位についた。先頭は1000メートルを3分6秒で通過。田崎優理を先頭に廣中、田中が2、3番手と続いてレースは進む。6分15秒で2000メートルを通過。半分を終えた地点では廣中が先頭、田中が2番手となった。3000メートル地点で9分18秒。12分14秒で4000メートル通過時には廣中と田中の一騎打ちとなった。

 2人は残り1周でさらにペースアップ。逃げる廣中を田中が追い、残り200メートル地点で田中がトップに立った。歯を食いしばる廣中。しかし、最後は田中が突き放して初優勝で五輪出場を内定させた。

 今大会、参加標準記録15分10秒00を突破した上で優勝すれば代表に内定。すでに同記録を突破済みの田中と廣中は、タイムに関わらず優勝すれば即内定という状況だった。これまでの日本記録は05年福士加代子の14分53秒22。田中は昨秋のドーハ世界陸上5000メートルで自己ベスト15分0秒01をマークした。今季は7月に3000メートルで2002年の福士を、8月に1500メートルで06年の小林祐梨子を上回る日本新記録を叩き出していた。

 田中はレース後、「どんな展開になっても、最後だけは勝ち切るという思いをもってレースを進めていました。いつもは相手の事を意識したりして、自分のレースが出来ないことも多いのですがが、今日は(地元の)関西で開催ということでお世話になった方の顔とか思い出とか思い出しながら走りました」と振り返った。

 レース後、廣中と言葉を交わしていたことには「廣中選手はすごく悔しいという気持ちを伝えてくれた。いいライバル関係がこれからも続いていくのかなと」と好レースを演じた相手を称えていた。

 東京五輪へ向けては「苦しい思いをして勝ち取った権利、無駄にせず自分自身と向き合いながら臨みたいと思います」と力を込めた。

【主な上位選手の順位】
1位 田中希実、15分05秒65
2位 廣中璃梨佳、15分07秒11
3位 萩谷楓、15分19秒41
4位 西原加純、15分23秒88
5位 川口桃佳、15分24秒24
6位 田崎優理、15分24秒61
7位 和田有菜、15分25秒14
8位 五島莉乃、15分29秒03

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集