[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ジャブ多数被弾の余波 ヘビー級新星の眼窩底骨折に医師「試合続行なら引退の怪我」

英ロンドンで28日(日本時間29日)に行われたボクシングのヘビー級注目マッチで、23歳のダニエル・デュボア(英国)がロンドン五輪スーパーヘビー級銀メダリストのジョセフ・ジョイス(英国)に10回KO負けした。多数のジャブを被弾し、左目を大きく腫らしてプロ初黒星。左ジャブでダウンしたシーンの動画が話題を集めていたが、試合後の検査で眼窩底骨折と神経損傷の怪我を負っていたことを米メディアが報じている。

試合後に眼窩底骨折&神経損傷が判明したダニエル・デュボア【写真:Getty Images】
試合後に眼窩底骨折&神経損傷が判明したダニエル・デュボア【写真:Getty Images】

プロ初黒星デュボア、試合後に眼窩底骨折&神経損傷が判明

 英ロンドンで28日(日本時間29日)に行われたボクシングのヘビー級注目マッチで、23歳のダニエル・デュボア(英国)がロンドン五輪スーパーヘビー級銀メダリストのジョセフ・ジョイス(英国)に10回KO負けした。多数のジャブを被弾し、左目を大きく腫らしてプロ初黒星。左ジャブでダウンしたシーンの動画が話題を集めていたが、試合後の検査で眼窩底骨折と神経損傷の怪我を負っていたことを米メディアが報じている。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 フィニッシュブローはジャブだった。10回、リング中央で対峙した両者はジャブをさし合った。直後にデュボアが膝をついてダウン。そのまま立ち上がることをせず、10カウントとなった。試合を通じて多数のジャブを被弾。左目は大きく腫れ上がり、視界はふさがれていた。

 米専門メディア「ボクシングシーン.com」は「試合後、デュボアは眼窩底骨折と目の周りの神経が損傷していることが明らかとなった」と報道。「デュボアによると、10回のジャブは彼の視界に大きな衝撃を与えたという。彼の左目の視界が真っ暗になってしまったとのことだ」とつづっている。

 記事によると、デュボアは脳へのダメージによるダウンではなく、ジャブが目に当たったことで自ら膝をついたという。「デュボアの決断にはボクシングファンの間で大きな議論を呼んだ」と説明し、「ケル・ブルックの眼窩底骨折を手術した外科医のリカルド・モハメド・アリ氏は、ジョセフ・ジョイスとの戦いを止めたダニエル・デュボアの決断を支持している」とした。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集