[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

パッキャオの左腕が“伸びた” 遠距離からの強烈KOに反響続々「戦闘不能にする一撃」

ボクシングの世界6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)が過去に演じた強烈なKO勝ちへの反響が広がっている。2006年11月18日にエリック・モラレス(メキシコ)と3度目の対戦。米メディアが決着をつけた左ストレートのKO動画を公開すると、米ファンから「これは恐ろしい」と衝撃が甦っていたが、「相手を戦闘不能にする一打」とコメントが寄せられている。

2006年11月18日、マニー・パッキャオ(右)はエリック・モラレスにKO勝ちした【写真:Getty Images】
2006年11月18日、マニー・パッキャオ(右)はエリック・モラレスにKO勝ちした【写真:Getty Images】

パッキャオVSモラレス第3戦に米再熱狂「一生に一度しか出会えない選手」

 ボクシングの世界6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)が過去に演じた強烈なKO勝ちへの反響が広がっている。2006年11月18日にエリック・モラレス(メキシコ)と3度目の対戦。米メディアが決着をつけた左ストレートのKO動画を公開すると、米ファンから「これは恐ろしい」と衝撃が甦っていたが、「相手を戦闘不能にする一打」とコメントが寄せられている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 世界を熱狂させた左だ。3回、27歳のパッキャオはモラレスに圧力をかけた。右、左、右と連打から最後は左ストレート。相手はロープにもたれてダウンした。再開後もラッシュを浴びせ、右ジャブから左ストレートを叩き込んだ。最初のジャブは届かない距離のようだが、ストレートは勢いよく左腕を伸ばして着弾。再びダウンしたモラレスは呆然とし、リングサイドを見ながら小さく首を振った。

 1勝1敗で迎えた決着戦。米スポーツ専門局「ESPNリングサイド」の公式インスタグラムが動画を公開すると、米ファンから「これは恐ろしい」などと再び脚光を浴びていたが、反響がさらに拡大。「相手を戦闘不能にする一撃」「パックマンのような選手には一生に一度しか出会えない」「私たちが求めている試合」「指折りのレジェンドだ」「この試合のことを今でも覚えているよ」と熱く盛り上がっている。

 マルコ・アントニオ・バレラ、ファン・マヌエル・マルケスなど数ある宿敵の一人を撃破したフィリピンの英雄。衝撃的な瞬間は色あせないようだ。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集