[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子、新キャディーと20位発進 英語のやり取りに珍返答「だよねと言いました」

女子ゴルフの国内ツアー・伊藤園レディスは13日、千葉・グレートアイランドC(6741ヤード、パー72)にて無観客で開幕した。大会最終日に22歳の誕生日を迎える渋野日向子(サントリー)は4バーディー、2ボギーの70で回り、2アンダーで20位発進。首位のキム・ハヌル(HITE JINRO)に5打差とした。

渋野日向子【写真:Getty Images】
渋野日向子【写真:Getty Images】

伊藤園レディスが開幕、渋野は復調の鍵“どっしりパット”に手応え「先週より良い」

 女子ゴルフの国内ツアー・伊藤園レディスは13日、千葉・グレートアイランドC(6741ヤード、パー72)にて無観客で開幕した。大会最終日に22歳の誕生日を迎える渋野日向子(サントリー)は4バーディー、2ボギーの70で回り、2アンダーで20位発進。首位のキム・ハヌル(HITE JINRO)に5打差とした。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 渋野は出だしの1番で1メートルにつけてバーディー発進すると、5、6番で連続バーディー。一時は2打差の4位に顔を出したが、後半11番でボギーをたたくと、14番でも1つ落とした。16番は1メートルにつけてバーディーを奪い、2アンダーの20位発進。ラウンド後はこう振り返った。

「スタートホールからバーディー発進でいい流れだったんですけど、前半は集中力を切らさず3バーディー取れたのは良かったと思います。3パットもなかったので、今日はすごい気持ちよく打てたかなと思います。ショットは前半すごい良かったけど、後半、縦距離が合わずに手前のバンカーに2回入れてしまった。後半は距離が合ってないところがかなり多かったので、そういうところは修正していかないといけない」

 今週のキャディーはマネージャーと初タッグ。ツアーでは、他の選手のキャディーを十数試合務めた経験があり、渋野が海外転戦中は通訳も担当した。この日のラウンド中、渋野は「ここを刻みたい」と言うと「I think so too」と返されたという。これに対し、渋野は「『だよね』と言いました(笑)」と珍返答したことを明かした。終盤はゴルフとは離れた話もしながら回れたという。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集