[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

高速バックハンドブローでKO UFC“突然の一撃”に米再脚光「光のような速さだ」

米最大の総合格闘技「UFC」は14日(日本時間15日)、米ラスベガスにて「UFCファイトナイト・ラスベガス14」を開催する。ライト級のメインベントにはポール・フェルダー(米国)が登場するが、米メディアは2015年1月にフェルダーが決めたバックハンドブローの動画を公開。実況席も「Oh~!!」と驚きの声を上げるKO劇となっている。

2015年1月、ポール・フェルダー(左)はバックハンドブローでダニー・カスティーリョにKO勝ちした【写真:Getty Images】
2015年1月、ポール・フェルダー(左)はバックハンドブローでダニー・カスティーリョにKO勝ちした【写真:Getty Images】

週末登場のフェルダー、5年前のKO劇に米メディアが注目

 米最大の総合格闘技「UFC」は14日(日本時間15日)、米ラスベガスにて「UFCファイトナイト・ラスベガス14」を開催する。ライト級のメインベントにはポール・フェルダー(米国)が登場するが、米メディアは2015年1月にフェルダーが決めたバックハンドブローの動画を公開。実況席も「Oh~!!」と驚きの声を上げるKO劇となっている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 想定外の攻撃を、閃光の如く放った。2回、打ち合っていたフェルダーが相手に背を向けた、次の瞬間だ。体を回転させ、右拳を外側に伸ばすようにして、相手の顔面にぶち込んだ。顔の側面を強く打たれたダニー・カスティーリョは背中からダウン。ぐったりとしてしまった。華麗な一発でレフェリーが試合をストップ。フェルダーのKO勝利が決まった。

 実際のKOシーンを、米メディア「バーストゥール・スポーツ」の格闘技専門ツイッター「スピニンバックフィスト」が14日の試合に向けたPR動画として公開。「ポール・フィルダーから突然のスピニング・バックフィスト」と文面につづっている。

 実況席も「Oh~!!」「完璧なタイミングでのショットだ」「彼はベストタイミング、ベストポジションを知っていた」などと興奮の声を上げた場面に対し、米ファンからは「光のような速さだ」などと反響が寄せられている。

 ライト級7位の36歳フェルダーは、イスラム・マカチェフ(ロシア)が体調不良で14日の試合を欠場することになり、急遽代役としての出場が決定。元UFCウェルター級世界王者ハファエル・ドス・アンジョス(ブラジル)と対戦する。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集