[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井岡一翔に“負けない3要素”とは 田中恒成が描く試合展開「それを使って勝負する」

ボクシングの元世界3階級制覇王者・田中恒成(畑中)は、12月31日に東京・大田区総合体育館でWBO世界スーパーフライ級王者・井岡一翔(Ambition)に挑戦する。10日はオンラインで会見し、王者に“負けない3要素”を挙げた。田中の戦績は15勝(9KO)、井岡は25勝(14KO)2敗。試合はTBS系で全国生中継される。

田中恒成【写真:畑中ジム提供】
田中恒成【写真:畑中ジム提供】

井岡一翔撃破へ、田中恒成「接近戦でも離れていてもどっちでも」

 ボクシングの元世界3階級制覇王者・田中恒成(畑中)は、12月31日に東京・大田区総合体育館でWBO世界スーパーフライ級王者・井岡一翔(Ambition)に挑戦する。10日はオンラインで会見し、王者に“負けない3要素”を挙げた。田中の戦績は15勝(9KO)、井岡は25勝(14KO)2敗。試合はTBS系で全国生中継される。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 田中は6歳上の井岡への敬意を込めながら強気な姿勢を貫いた。スーツ姿で臨んだオンライン会見。「ここ10年くらい日本のボクシング界を引っ張ってきた印象です。俺にとってはキャリア最大の勝負。このチャンスは必ず掴みたい」と王座奪取を見据えた。

 過去には木村翔、田口良一と日本人との世界戦を制してきた。その中でも「一番大きい試合」と断言。プロデビュー前にはスパーリングで対戦したこともある井岡について「その時とは何もかも違う」と参考になる部分は多くはなさそうだが、陣営は映像で研究中。試合展開について、田中は「接近戦でも離れていてもどっちでもいい。自分は両方できるので」と柔軟に戦う姿勢を示した。

 ディフェンス力に定評のある井岡だが、2018年9月に米国で試合をして以降は前に出る好戦的な姿勢も評価された。それでも、田中は「スピード、パワー、スタミナ、負けているものは何もないと思う。その辺を使って勝負したい」と3つを挙げて自信満々。ボクシングのキャリア、戦績では井岡が上回っていることを記者に振られると「スピードとパワーとスタミナ。ここ、負けてないと思います」と繰り返し、ニヤリと笑った。

 抜群のスピードとテクニックを誇る「中京の怪物」。コロナ禍が深刻になる以前の3月上旬には、フィリピン合宿を積んだ。「フィリピンで課題をもらった。技術的なところですね。技術面とあとは集中力。3分間集中し続けるところです」と成長を実感。階級を1つ上げたが、スタイルとしては「基本的には何も変わらない」としつつ「この1年で技術面でかなりパワーアップした。みんなを驚かせられると思う」と1年ぶりのリングを待ちわびた。

 昨年大晦日にWBOフライ級王座の3度目の防衛に成功し、1階級上のスーパーフライ級転向を見据えて王座を返上した。同級初戦は調整試合を挟みたいところだったが、コロナ禍で試合ができず、いきなり王者に挑むことになった。世界複数階級制覇を果たした日本人同士の対決は史上初。「暗い世の中を少しでも明るくできるように、ボクシング界の今年を締めくくるにふさわしい試合をしたい」と闘志を燃やした。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集