[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥戦を再熱望 カシメロがアラムCEOへ要望「ボブおじさん、早く契約書を送れ」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)はWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に7回2分59秒KO勝ち。ラスベガスデビューを飾り、4団体統一へ向けて再び動き出したが、WBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)はSNS上でファンの投稿に反応。「ボブおじさんに契約書をなるべく早く送るように言っておけ」とトップランク社のボブ・アラムCEOに統一戦実現を熱望している。

ジョンリエル・カシメロ【写真:Getty Images】
ジョンリエル・カシメロ【写真:Getty Images】

SNS上のファンの要望に反応「オレはここにいるぞ」

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)はWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に7回2分59秒KO勝ち。ラスベガスデビューを飾り、4団体統一へ向けて再び動き出したが、WBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)はSNS上でファンの投稿に反応。「ボブおじさんに契約書をなるべく早く送るように言っておけ」とトップランク社のボブ・アラムCEOに統一戦実現を熱望している。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 4月25日に予定されていた3団体統一戦で対戦するはずだった井上とカシメロだが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期に。カシメロは9月26日にデューク・ミカー(ガーナ)と対戦し完勝、井上はマロニーを倒した。

 再び統一戦の機運が高まる中で、常々井上陣営に挑発を続けていたカシメロ。SNS上で両者の対戦を熱望する内容のファンの投稿に反応した。

「オレはここにいるぞ。ボブおじさんになるべく早く契約書を送るように言っておけ」

 井上と共同プロモート契約を結ぶ、トップランク社のアラムCEOをボブおじさんと呼び、3団体統一戦の契約書の送付を熱望。アラム氏は海外メディアで井上の次戦について、カシメロか、元5階級制覇王者のノニト・ドネア(フィリピン)対WBC世界王者のノルディ・ウーバーリ(仏)との勝者になる可能性をほのめかしていたが、カシメロはモンスターとの統一戦を改めて熱望しているようだ。

 井上がマロニーを撃破してすぐに挑発を開始したカシメロとその陣営。対戦は果たして実現するだろうか。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集