[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

46秒瞬殺劇はラリアット!? ヘビー級元王者“疑惑のパンチ”に米異論「冗談でしょ?」

ボクシングの元WBA世界ヘビー級暫定王者ルイス・オルティス(キューバ)が7日(日本時間8日)、米フロリダ州で行われたヘビー級10回戦でアレクサンダー・フローレス(米国)をわずか46秒で仕留めた。41歳のベテランが秒殺するシーンを米興行大手「プレミア・ボクシング・チャンピオンズ(PBC)」の公式SNSが動画付きで公開。「何これ!? 恐ろしい」なとど話題を呼んでいたが、パンチによるダメージではないのでは……という“疑惑”が浮上。米メディアは「二頭筋がフローレスの頭に当たり、キャンバスに倒れた」と“ラリアットKO”だと指摘している。

ルイス・オルティス【写真:Getty Images】
ルイス・オルティス【写真:Getty Images】

再起戦で圧勝したオルティス、KOパンチの正体は一体?

 ボクシングの元WBA世界ヘビー級暫定王者ルイス・オルティス(キューバ)が7日(日本時間8日)、米フロリダ州で行われたヘビー級10回戦でアレクサンダー・フローレス(米国)をわずか46秒で仕留めた。41歳のベテランが秒殺するシーンを米興行大手「プレミア・ボクシング・チャンピオンズ(PBC)」の公式SNSが動画付きで公開。「何これ!? 恐ろしい」なとど話題を呼んでいたが、パンチによるダメージではないのでは……という“疑惑”が浮上。米メディアは「二頭筋がフローレスの頭に当たり、キャンバスに倒れた」と“ラリアットKO”だと指摘している。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 左構えでジリジリとプレッシャーをかける元暫定王者オルティス。一気に距離を詰めて右のジャブをボディーに打ち込むと、フローレスはこらえられない。そのまま悶絶し、マットに崩れ落ちた。懸命に立ち上がろうとするが、足元がおぼつかない。レフェリーは試合続行不可能と判断し、試合をストップした。

 見事なボディーフックによるKO劇かと思われたが、ある疑惑も浮上している。スポーツチャンネル「DAZN」が提供する米専門メディア「DAZN News US」は「ルイス・オルティスがアレクサンダー・フローレスを45秒でKO」との見出しで瞬殺劇を伝えているが、記事ではこうレポートしている。

「オルティスは試合開始から積極的。41歳は右フックを外した後すぐに、ジャブを2発打った。彼はフローレスを獲物を狙うように追跡し続け、ロープへ追い詰めた。オルティスは右フックをボディーに打ち込む。その際、オルティスのフローレスの二頭筋がフローレスの頭に当たり、キャンバスに倒れた。フローレスは立ち上がったものの、明らかに脚を怪我していた。フローレスが怪我していることを確認し、審判のトーマス・テイラーは試合を止めた」

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集