[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥VSリゴンドーに期待 ヘビー級世界戦経験者が持論「リゴンドーが全盛期なら…」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が31日(日本時間11月1日)、米ラスベガスでWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に7回2分59秒KO勝ちした。試合後、WBA同級正規王者のギジェルモ・リゴンドー(キューバ)がツイッターで挑戦状を送っていたが、米国の元ヘビー級選手も「全盛期のリゴンドーならイノウエにボクシングのイロハを教えてやるんじゃないか」などと注目している。

元ヘビー級王者も井上尚弥に注目している【写真:Getty Images】
元ヘビー級王者も井上尚弥に注目している【写真:Getty Images】

USBA元ヘビー級王者エディ・チェンバース氏がツイッターで反応

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が31日(日本時間11月1日)、米ラスベガスでWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に7回2分59秒KO勝ちした。試合後、WBA同級正規王者のギジェルモ・リゴンドー(キューバ)がツイッターで挑戦状を送っていたが、米国の元ヘビー級選手も「全盛期のリゴンドーならイノウエにボクシングのイロハを教えてやるんじゃないか」などと注目している。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 井上はマロニー戦で、7回に右ストレートを顔面に叩き込んでKO勝ち。圧巻のラスベガスデビューを飾ったモンスターに対し、リゴンドーは「お前が次戦で対戦したくない相手は誰か、みんなが知っている」「忘れるな、俺が今も王者だ」などとツイッターで反応していた。

 これに注目したのは、元全米ヘビー級王者のエディ・チェンバース氏だった。2010年には元世界3団体同級王者ウラジミール・クリチコとの世界戦を経験(12回TKO負け)。2016年に引退するまで、通算42勝(23KO)5敗をマークしている。

 チェンバース氏は自身のツイッターで、井上とリゴンドーについて「いい議論だ……私は全盛期のリゴンドーだったらナオヤ・イノウエにボクシングのイロハを教えてやるんじゃないかと思う」とつづった。

 リゴンドーは以前から井上との対戦希望を口にしている。高いディフェンス技術で相手を無力化してきた40歳が、モンスターと対峙する日は来るのだろうか。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集