[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

20歳西村優菜、プロ初Vは“リセット” 史上5人目快挙かかるも「焦らず丁寧にやりたい」

女子ゴルフの国内ツアー・TOTOジャパンクラシックが6日、茨城・太平洋C美野里C(6554ヤード、パー72)で開幕する。前週の樋口久子・三菱電機レディースでプロ初優勝を果たした西村優菜(フリー)は4日、オンライン会見に出席。2週連続優勝のかかる今大会を迎えるにあたり「身体のバランスをフラットに戻す」ことを意識したと明かした。

西村優菜【写真:Getty Images】
西村優菜【写真:Getty Images】

TOTOジャパンクラシックが6日に開幕

 女子ゴルフの国内ツアー・TOTOジャパンクラシックが6日、茨城・太平洋C美野里C(6554ヤード、パー72)で開幕する。前週の樋口久子・三菱電機レディースでプロ初優勝を果たした西村優菜(フリー)は4日、オンライン会見に出席。2週連続優勝のかかる今大会を迎えるにあたり「身体のバランスをフラットに戻す」ことを意識したと明かした。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 前週は3位で出た最終日に首位と6打差を大逆転。2000年度生まれのプラチナ世代では、古江彩佳に次いで2人目のツアー優勝を達成した。反響については「たくさんメッセージを頂いたり、直接『おめでとう』と言ってくれたりとか、うれしかったです」と喜んだ。

 初優勝からの2戦連続優勝なら、西田智慧子、表純子、畑岡奈紗、今季達成している笹生優花に次いで5人目となる。快挙もかかるが、自然体だ。「気持ち的にはあまり変わっていなくて、トップ10を目指して毎試合プレーするのは変わらない。今週もまずはそこを目標に、焦らず丁寧にやりたい」と話した。

 今大会を迎えるにあたり、意識したことは「身体のバランスをフラットに戻す」こと。前週の優勝争いの中で、気持ちが前に行っていたことで微妙に変わっていたリズム、テンポをリセットしたかったのだという。「どこか力みがあったりもしていたと思う。続けていくとどんどんスイングが崩れると思う」と話した。

「(グリーンが)柔らかいのと、スピードが出ていないところがあるので、先週と感覚も違うところがある。そこは注意してという感じです」とパッティングを今大会のポイントに挙げた。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集