[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

カシメロ、井上尚弥戦後わずか数分で挑発 次戦発言に「マジで俺を怖がってるな、亀」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が31日(日本時間11月1日)、米ラスベガスのMGMグランドでWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に7回2分59秒KO勝ちした。4月に対戦予定だったWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)は試合後、井上とマロニーを亀と魚に例えて「お互いに海に住んでいる、弱い生き物だ」などと挑発したようだ。フィリピンメディア「ラプラー」が報じている。

ジョンリエル・カシメロ【写真:Getty Images】
ジョンリエル・カシメロ【写真:Getty Images】

井上の勝利直後にフェイスブック更新で“超速挑発”を繰り出す

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が31日(日本時間11月1日)、米ラスベガスのMGMグランドでWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に7回2分59秒KO勝ちした。4月に対戦予定だったWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)は試合後、井上とマロニーを亀と魚に例えて「お互いに海に住んでいる、弱い生き物だ」などと挑発したようだ。フィリピンメディア「ラプラー」が報じている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 完璧なタイミングのカウンターでマロニーを粉砕した井上。圧巻のラスベガスデビューに、執拗な挑発を繰り返してきたカシメロも敏感に反応した。「ラプラー」は「カシメロはイノウエのKO勝利に感銘を受けなかった。“モンスター”と試合することを望んでいる」との見出しで記事を掲載している。

 カシメロは井上戦をリアルタイムで注目していたのか、記事によると、試合終了わずか数分後に自身のフェイスブックを更新。投稿の文面は、すべてが井上に向けられたものだったようだ。

「彼らはお前が強いと言ったが、お前は相手を傷つけることさえできない」「みんな、なぜボブ・アラムとイノウエが恐れているのか分かっただろう。唯一クワドロ・デ・アラス(カシメロ)だけが強いんだ」

 4月25日に開催予定だった3団体統一戦は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期に。以降も井上を“亀”と呼ぶなど無礼な振る舞いを続けるカシメロ。マロニー戦については「亀が魚(マロニー)を捕まえるのに長い時間かかった。お互いに海に住んでいる、弱い生き物だ」とつづったという。

 勝利後のインタビューで、井上は「計画としては、次はドネアとウーバーリ。WBOのカシメロもいる。どの選手もターゲットなので、相手として考えている」と話していた。自身の名前も挙がっていたが、カシメロは「我々が顔を合わせる前に、ウーバーリとドネアの勝者を優先させるのか? マジで怖がってるんだな、亀」と最後まで相変わらずだった。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集