[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥戦へ景気づけ 前座の平岡アンディが4回TKO勝ち、ダウン3度でデビュー16連勝

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が31日(日本時間11月1日)、米ラスベガスでWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)と対戦する。同興行では、井上と同じ大橋ジムの平岡アンディが141ポンド(約63.96キロ以下)契約ノンタイトル8回戦でリッキー・エドワーズ(米国)に4回TKO勝ち。デビューから16連勝(11KO)で無敗を守り、メインイベントの井上戦の前に景気づけの勝利を飾った。

平岡アンディがリッキー・エドワーズに4回TKO勝ちした【写真:Mikey Williams/Top Rank】
平岡アンディがリッキー・エドワーズに4回TKO勝ちした【写真:Mikey Williams/Top Rank】

大橋ジムの平岡アンディが快勝

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が31日(日本時間11月1日)、米ラスベガスでWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)と対戦する。同興行では、井上と同じ大橋ジムの平岡アンディが141ポンド(約63.96キロ以下)契約ノンタイトル8回戦でリッキー・エドワーズ(米国)に4回TKO勝ち。デビューから16連勝(11KO)で無敗を守り、メインイベントの井上戦の前に景気づけの勝利を飾った。エドワーズは12勝(3KO)5敗。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 平岡が強さを見せつけた。3回に左アッパーでダウンを奪うと、4回も猛攻。最後はロープに追い詰めてラッシュを浴びせ、レフェリーが試合を止めた。計3度のダウンを奪う快勝。契約する米興行大手・トップランク社公式ツイッターは、ダウンシーンの動画付きで「平岡アンディがリッキー・エドワードを一度ロープに追い詰めたら、もう起き上がらせない。3度のノックアウト。4回でストップ。平岡が16-0(11KO)とした」と伝えている。

 ガーナ系米国人の父と日本人の母を持つ平岡は2013年にプロデビュー。身長180センチの技巧派サウスポーで、昨年秋にトップランク社と契約した。同11月、ラスベガスの米国デビュー戦で2回KO勝ち。今回が米国2戦目だった。スーパーライト級を主戦場としている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集