[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥とのスパーで「有名に」 拳を交えた仮想カシメロが“3つの恩恵”を説明

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)は、4月にWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)と3団体統一戦を行うはずだったが、新型コロナウイルス感染拡大で延期に。2月に井上の練習相手を務めた“仮想カシメロ”はモンスターから手にした3つの糧を明かしている。フィリピン地元紙「マニラ・タイムズ」が報じている。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

2月に来日、フィリピン選手が井上尚弥とのスパーに感謝「この経験は凄く大きい」

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)は、4月にWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)と3団体統一戦を行うはずだったが、新型コロナウイルス感染拡大で延期に。2月に井上の練習相手を務めた“仮想カシメロ”はモンスターから手にした3つの糧を明かしている。フィリピン地元紙「マニラ・タイムズ」が報じている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 井上は31日(日本時間11月1日)にWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)と対戦。聖地ラスベガスのリングに挑むモンスターに、フィリピン人選手から畏敬の視線が注がれている。記事では「フェザー級のプロスペクト、ピーター・アポリナルは、3階級制覇王者ナオヤ・イノウエとのスパーリングパートナーをした際、貴重な教訓を手にした」と説明している。

 記事によると、25歳のアポリナルは2月に来日。バンタム級より2階級上のフェザー級ながら、カシメロ戦に向けて調整する井上と1か月間、拳を交えたという。セブ島で行われたジェトロ・パブスタン戦で判定勝ちを収めたアポリナルは、同紙の電話取材でこう語っている。

「イノウエのスパーリングパートナーを務めた経験は、僕にとって凄く大きな助けになりました。大きな自信を持つことができる。特にリング上で彼から多くを学びました。忍耐強くなることです。チャンスを待つ。チャンスがあったとしたら手放してはいけない」

 万能型の井上から学んだものは忍耐だったという。さらに「イノウエのスパーリングパートナーとして、僕は有名になりました。それが大きかった」と説明。米専門誌「ザ・リング」の最新のパウンド・フォー・パウンド(PFP)で2位に選出されたモンスターの“ブランド力”の恩恵にも預かっているという。

 自信、忍耐強さ、知名度を手にしたアポリナル。「一番大きな夢は世界王者になること」と、井上と過ごした日々を糧に頂点を目指すつもりのようだ。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集