[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

2.5kgオーバーの相手を圧倒 25歳世界王者、14連打のド迫力KOに海外称賛「すげえな」

ボクシングのWBC世界フライ級王者フリオ・セサール・マルティネス(メキシコ)は23日(日本時間24日)、挑戦者モイセス・カジェロス(同)を迎えたタイトルマッチで2回TKO勝利。2度目の防衛に成功した。前日計量で2.5キロもオーバーした相手を圧倒。ロープ際に詰めて怒涛の14連打で仕留めるシーンを、スポーツチャンネル「DAZN USA」が動画付きで公開。海外ファンからは「すげえ」「現実離れしている」などと称賛が集まっている。

2度目の防衛に成功したフリオ・セサール・マルティネス【写真:Getty Images】
2度目の防衛に成功したフリオ・セサール・マルティネス【写真:Getty Images】

WBC世界フライ級タイトルマッチでマルティネスが圧倒

 ボクシングのWBC世界フライ級王者フリオ・セサール・マルティネス(メキシコ)は23日(日本時間24日)、挑戦者モイセス・カジェロス(同)を迎えたタイトルマッチで2回TKO勝利。2度目の防衛に成功した。前日計量で2.5キロもオーバーした相手を圧倒。ロープ際に詰めて怒涛の14連打で仕留めるシーンを、スポーツチャンネル「DAZN USA」が動画付きで公開。海外ファンからは「すげえ」「現実離れしている」などと称賛が集まっている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 文字通りのワンサイドだった。第2ラウンド、カジェロスにロープを背負わせたマルティネスは一気に仕留めにかかった。右にフックで顎を捉えふらつかせると、左右の連打で畳みかける。2発、3発、4発、5発……実に14連打を叩き込んだところで、レフェリーが試合をストップした。

 本来の挑戦者が新型コロナ陽性により、急遽リングに上がったカジェロス。計量で2.5キロもオーバーするなど調整不足は明らかだったが、それを差し引いてもマルティネスの強さだけが際立った。

「DAZN USA」の公式ツイッターでは「エル・レイの超支配的なパフォーマンス」と記して圧巻のKOシーンを動画で公開。海外ファンからは「いつも彼を見るのは楽しい!」「次は統一することに期待したい」「すげえな」「この男は他と違う」「現実離れしている」「なんて凄いボクサーだ」などと称賛が集まっている。

 またプロモーターのエディー・ハーン氏も「この若きキングは地球上で最も刺激的なボクサーだ!」と称賛ツイート。日本人にもなじみ深いフライ級。25歳のメキシカンへの注目度はさらに高まりそうだ。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集