[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

170kmの投直をキャッチ ワールドシリーズで出た“超反応”に米興奮「何度も見返す」

米大リーグは20日(日本時間21日)、ワールドシリーズ第1戦が行われ、ドジャースが8-3でレイズに先勝した。この試合の7回には、ドジャースのビクトル・ゴンザレス投手が105.6マイル(約170キロ)のピッチャーライナーをスーパーキャッチ。併殺に仕留めた実際の動画を米メディアが公開すると、現地ファンから「ヤバいプレーが出た」「何度も見返してしまう」などと反響が寄せられている。

ドジャースのビクトル・ゴンザレス【写真:AP】
ドジャースのビクトル・ゴンザレス【写真:AP】

ドジャース・ゴンザレスが105.6マイルの打球を好捕

 米大リーグは20日(日本時間21日)、ワールドシリーズ第1戦が行われ、ドジャースが8-3でレイズに先勝した。この試合の7回には、ドジャースのビクトル・ゴンザレス投手が105.6マイル(約170キロ)のピッチャーライナーをスーパーキャッチ。併殺に仕留めた実際の動画を米メディアが公開すると、現地ファンから「ヤバいプレーが出た」「何度も見返してしまう」などと反響が寄せられている。

【特集】人馬が築く信頼関係 言葉を超えたコミュニケーションで目指す共通のゴール / 馬術・戸本一真さんインタビュー(GROWINGへ)

 偶然にしても凄い。7回、2点を返されてなおも1死一、二塁のピンチ。マウンドの左腕ゴンザレスは、外寄りの球をレイズ・ズニーノに強打される。痛烈な打球がセンター方向へ飛んだが、これに好反応。右手のグラブで打球を掴み、そのまま二塁へ送球。危機脱出の見事な併殺打とし、興奮した様子で叫んだ。

 実況も「アンビリーバブルキャッチ!」と叫んだ場面。実際の動画を公開した米放送局「FOXスポーツMLB」の公式ツイッターによると、打球速度は何と105.6マイル。文面に「なんというこのイニングの切り抜け方だったんだ!」などとつづり、驚きを伝えている。

 ちょうどグラブの近くに飛んできた打球とはいえ、猛烈なライナーをキャッチしたことで失点を防いだゴンザレス。動画に対し、海外ファンからは「ヤバいプレーが出た」「この映像を何度も見返してしまう」「美しい」「運も重要になるプレーだが、これには驚き」「信じられないプレー」「あと少しずれていたら死んでしまうぞ」「ラッキーだね」「もの凄いダブルプレーだ」などと反響が寄せられていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集