[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

プロ志望届、未提出の主な高校生は? センバツVの長距離砲、佐々木朗希打ちの捕手も

2020年の「プロ野球志望届」は、12日に提出期限を迎えた。高校生は216人、大学生は158人が提出し、いずれも史上最多となった。高校生では明石商(兵庫)の中森俊介投手、来田涼斗外野手、中京大中京(愛知)の高橋宏斗投手らが公示される一方で、注目されながらも提出しなかった有力選手も。ここでは未提出だった主な高校生を紹介する。

12日で提出締切、高校生216人がプロ志望届を提出した
12日で提出締切、高校生216人がプロ志望届を提出した

プロ野球志望届は12日で提出締切、高校生は216人が提出

 2020年の「プロ野球志望届」は、12日に提出期限を迎えた。高校生は216人、大学生は158人が提出し、いずれも史上最多となった。高校生では明石商(兵庫)の中森俊介投手、来田涼斗外野手、中京大中京(愛知)の高橋宏斗投手らが公示される一方で、注目されながらも提出しなかった有力選手も。ここでは未提出だった主な高校生を紹介する。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 仙台育英(宮城)のエース・向坂優太郎は最速143キロを誇る左腕。スライダー、ツーシームを操り、今夏の宮城独自大会優勝に貢献していた。千葉No.1投手の木更津総合・篠木健太郎は150キロに迫る剛球が武器。今夏の千葉独自大会でもチームの優勝に貢献している。

 野手では、昨年のU-18W杯・日本代表に選出された作新学院(栃木)の横山陽樹捕手が未提出。1年夏から甲子園を経験し、昨年の練習試合では大船渡(岩手)の佐々木朗希(現ロッテ)から長打を放っている。

 習志野(千葉)の桜井亨佑内野手は昨夏から名門の4番に座る強打者。昨年、石川昂弥(現中日)と中軸を担い、センバツ優勝に貢献した東邦(愛知)の吉納翼外野手も未提出となっている。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集