[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ナダル、座りながらの“バックハンドウィナー”に海外感嘆「これは凄い」「魔術はダメ」

テニスの4大大会、全仏オープンの男子シングルス決勝は11日、世界ランク2位のラファエル・ナダル(スペイン)が6-0、6-2、7-5のストレートで同1位ノバク・ジョコビッチ(セルビア)を破り、前人未到の13度目の優勝を飾った。様々なショットを放ち、ジョコビッチを圧倒した“クレーキング”。第3セットでは、ジョコビッチの強烈なフォアを座りながらバックハンドでリターン。ウィナーを決めたシーンを、大会公式ツイッターが映像付きで公開。海外ファンを感嘆させている。

全仏オープンの男子シングルスで13度目の優勝を飾ったラファエル・ナダル【写真:AP】
全仏オープンの男子シングルスで13度目の優勝を飾ったラファエル・ナダル【写真:AP】

ジョコビッチの強烈フォアを座りながらリターン

 テニスの4大大会、全仏オープンの男子シングルス決勝は11日、世界ランク2位のラファエル・ナダル(スペイン)が6-0、6-2、7-5のストレートで同1位ノバク・ジョコビッチ(セルビア)を破り、前人未到の13度目の優勝を飾った。様々なショットを放ち、ジョコビッチを圧倒した“クレーキング”。第3セットでは、ジョコビッチの強烈なフォアを座りながらバックハンドでリターン。ウィナーを決めたシーンを、大会公式ツイッターが映像付きで公開。海外ファンを感嘆させている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 不格好だったが、ここにもナダルの強さが表れた。流れが変わりそうだった第3セット、ゲームカウント1-2で迎えた第4ゲームだ。ジョコビッチの強烈なフォアに対して、ナダルは膝を曲げて腰を落とし、座るような体勢からバックハンドを放った。

 強いボールを打つことは不可能かに思われる体勢だったが、オープンコートへの一打は強烈なウィナーに。ジョコビッチに流れを渡さず、サービスゲームをキープする大きなショットとなった。

 座りながらの驚異のウィナーに、大会公式ツイッターは「腰を下ろす」と記して動画付きで公開。海外ファンからは「膝は健在!」「これは『ポイント・オブ・ザ・デー』だと思う」「これは凄い」「アメージング!」「なんていう男だ」「ラファ、コート上で魔術は使っちゃダメだよ」などと感嘆の声が上がっている。

 34歳にして衰えどころか、ますます輝きを放つナダル。赤土の上での天下はしばらく続きそうだ。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集