[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

元世界1位マレー、レジェンドと2度目の“離婚” 来季開幕戦へ新チームで再出発

男子テニスの世界ランク16位・アンディ・マレー(英国)が、元世界ランク1位のレジェンド、イワン・レンドル氏とのコーチ契約を解消したことが分かった。英公共放送「BBC」が報じている。

四大大会3回優勝のすべてを分かち合ったレンドル氏とコーチ契約を解消

 男子テニスの世界ランク16位・アンディ・マレー(英国)が、元世界ランク1位のレジェンド、イワン・レンドル氏とのコーチ契約を解消したことが分かった。英公共放送「BBC」が報じている。

 マレーは2012年から14年までレンドル氏に師事し、初年度にはロンドン五輪と全米オープン、翌13年にウィンブルドンを制覇。レンドル氏とのコーチ契約解消後は、元女子世界ランク1位のアメリ・モレスモ氏とともに2016年5月まで戦っていたが、6月からレンドル氏と再タッグを結成していた。ウィンブルドンで自身2度目の優勝を果たし、世界ランキング1位にも登りつめていたが、今季は臀部の故障に悩まされ、9月にシーズン残りの大会を欠場することを発表している。

「イワンには長年に及ぶ彼の助力と指導に感謝している。我々は偉大な成功を収め、チームとして多くを学んだ。私の焦点は、今いるチームとともにオーストラリアへの準備を進め、公式戦に戻ることだ」

 記事では、マレーの声明を紹介。歴代9位のグランドスラム優勝8回を誇る名手レンドル氏も「アンディの幸運を祈る。我々は偉大な成果を残し、大いに楽しんだ」と語っているという。

 グランドスラム優勝3回は、いずれもレンドル氏とのタッグで勝ち獲ったマレー。全てを分かち合ってきたレジェントとの“離婚”で心機一転、来季開幕戦のブリスベン国際(12月31日開幕)参戦を目指して調整のピッチを上げていく。

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集