[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

彼らをロシアで見られないなんて… スターだらけの「W杯逃したベスト11」が強い

サッカーの18年ワールドカップ(W杯)ロシア大会の出場32か国が決定した。一方で惜しくも出場権を逃し、涙をのんだスター選手たちがいる。英衛星放送「スカイスポーツ」は「2018年のロシアにいないスターたち」と題し、「ワールドカップを逃したベストイレブン」を選出している。

W杯優勝メンバーら“悲しき11人”…英メディア選出「ロシアにいないスターたち」特集

 サッカーの18年ワールドカップ(W杯)ロシア大会の出場32か国が決定した。一方で惜しくも出場権を逃し、涙をのんだスター選手たちがいる。英衛星放送「スカイスポーツ」は「2018年のロシアにいないスターたち」と題し、「ワールドカップを逃したベストイレブン」を選出している。

 あまりに豪華。しかし、この面々をロシアで見ることはできない。ファンから思わず、ため息が生まれそうな“悲しきベストイレブン”だ。記事では、ワールドカップを逃した出場国の中からスター選手を厳選。11人を選び、3-4-3のフォーメーションを組んで特集している。

 最多の4人が選出されたのは、60年ぶりに出場を逃したイタリア。06年のW杯優勝メンバーのGKブッフォンを筆頭に最終ラインにDFボヌッチ、キエッリーニ、中盤にMFヴェッラッティが名を連ねている。アズーリ不在の代償の大きさを見て取れる。

 欧州ではオランダからDFファン・ダイク、ウェールズからFWベイルら、さらに南米王者のチリからMFビダル、FWサンチェスなど、世界のトッププレーヤーがズラリと顔をそろえてしまった。もし、この面々で出場すれば、優勝してもおかしくないメンバーになっている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集