[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

最強左腕カーショー、落差161cmの“急降下カーブ”に米驚愕「宇宙で見られる軌道だ」

米大リーグのプレーオフ地区シリーズ第2戦は7日(日本時間8日)、ドジャースがパドレスに6-5で競り勝ち、2連勝。ステージ突破へ、王手をかけたが、原動力となったのはエースのクレイトン・カーショー投手の6回3失点の力投だった。5回には宝刀カーブで見逃し三振を奪取。これを米記者が落差63.6インチ(約161.5センチ)だったと紹介し、ファンを「小さい選手の身長くらいある」「宇宙で見られるような軌道」と驚かせている。

6回3失点の力投を見せたドジャースのクレイトン・カーショー【写真:AP】
6回3失点の力投を見せたドジャースのクレイトン・カーショー【写真:AP】

5回に見逃し三振を奪った宝刀カーブが話題、米記者「63.6インチの落差」

 米大リーグのプレーオフ地区シリーズ第2戦は7日(日本時間8日)、ドジャースがパドレスに6-5で競り勝ち、2連勝。ステージ突破へ、王手をかけたが、原動力となったのはエースのクレイトン・カーショー投手の6回3失点の力投だった。5回には宝刀カーブで見逃し三振を奪取。これを米記者が落差63.6インチ(約161.5センチ)だったと紹介し、ファンを「小さい選手の身長くらいある」「宇宙で見られるような軌道」と驚かせている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 あまりの落差にバットが出なかった。4-1とリードした5回1死の場面だ。カウント1-2から4球目、左打者グリシャムに対し、カーショーが決め球に選択したのはカーブだった。193センチの長身から腕を振り下ろし、投じられた白球は高く浮き上がるように軌道を描く。そして、打者の手元で急ブレーキがかかったように“落下”。ほぼド真ん中に決まったが、グリシャムは全く反応できなかった。

 圧巻の見逃し三振の瞬間を米名物セレブのロブ・フリードマン氏が自身のツイッターに投稿。これに対し、MLB公式サイトのデータ解析システム「スタットキャスト」担当のデビッド・アドラー記者が「63.6インチの落差。横の変化はわずか3.6インチ」と解説をつけて返信した。63.6インチは約161.5センチ、3.6インチは約9.1センチ。いかに最高到達点からの落下具合が大きいが見て取れる。

 動画を目の当たりにした米ファンからは「小さな選手の身長くらいはあるぞ」「たった3.6インチ? 凄すぎる」「宇宙で見られるような軌道」「エグすぎる」「美しさそのもの」「これを打つのは不可能」などと驚きの声が上がっていた。6回3失点でプレーオフ通算11勝目を挙げたカーショー。「現役最強左腕」の名を欲しいままにするこの男はやはり頼りになる。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集