[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

2位後退・小祝さくら「大変な1日でした」 原英莉花は「本当にパットが入っていた」

女子ゴルフの国内メジャー・日本女子オープンが3日、福岡・ザ・クラシックGC(6761ヤード・パー72)にて3日目が行われ、2位から出た原英莉花(日本通運)は7バーディー、1ボギーの66で回り、通算12アンダーで単独首位に浮上した。一方、首位から出た小祝さくら(ニトリ)は73とスコアを落とし、8アンダーで4打差の2位に後退した。

小祝さくら【写真:Getty Images】
小祝さくら【写真:Getty Images】

日本女子オープン3日目

 女子ゴルフの国内メジャー・日本女子オープンが3日、福岡・ザ・クラシックGC(6761ヤード・パー72)にて3日目が行われ、2位から出た原英莉花(日本通運)は7バーディー、1ボギーの66で回り、通算12アンダーで単独首位に浮上した。一方、首位から出た小祝さくら(ニトリ)は73とスコアを落とし、8アンダーで4打差の2位に後退した。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 3打差の首位でスタートした小祝にとっては我慢の第3ラウンドだった。1番で2オンに成功。楽々バーディーを奪ったが、4番でボギー。5番ではダブルボギーを叩き後退。それでも11番でバーディーを取り返し、最終18番ではチップインバーディー。通算8アンダーまで戻し、首位の原と4打差で最終日を迎える。

 一時は6打差まで広げられたが、最終ホールで原がボギーを打ち、小祝がチップインをねじ込んだことで4打差に。大きかった18番について「しっかり攻めた結果バーディー取れて良かったです」と話した。

 それでも「今日は大変な一日でした」と苦笑い。「やっぱり5番のダボが大きかった。アイアンがちょっと今日は良くなかった。流れもあまり良くなかった。そういう時もあるかなと」と振り返った。

 同組だった原については「本当にパットが入っていた。パットとなんだろう…。とにかくパットが入っていましたね」とグリーン上のプレーに脱帽。4打差で迎える最終日に向けては「明日も英莉花ちゃんと一緒だと思うので、何が起こる分からない。いいプレーして頑張って巻き返したいですね」と意気込んだ。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集