[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 笑ってはいけないNBA!? 乱闘寸前“216億円のキス”に米笑撃「戦争を止めるのは愛」

笑ってはいけないNBA!? 乱闘寸前“216億円のキス”に米笑撃「戦争を止めるのは愛」

NBAで試合中にオーバーヒートした敵同士が熱くなりすぎたあまり、顔と顔を近づけて睨み合い。しかし、勢い余って唇と唇が触れ、キスする事態となり、笑撃の決定的シーンを米スポーツ専門サイト「ブリーチャー・リポート」が動画付きで紹介。ファンから「戦争を止めるのは愛だ」「彼のキスが甘いことを知ってしまったか」とユーモアたっぷりなコメントが殺到している。

2人合わせて契約総額216億円のフォーニエ&マッカラムが試合中に熱くなって勢いで…

 NBAで試合中にオーバーヒートした敵同士が熱くなりすぎたあまり、顔と顔を近づけて睨み合い。しかし、勢い余って唇と唇が触れ、キスする事態となり、笑撃の決定的シーンを米スポーツ専門サイト「ブリーチャー・リポート」が動画付きで紹介。ファンから「戦争を止めるのは愛だ」「彼のキスが甘いことを知ってしまったか」とユーモアたっぷりなコメントが殺到している。

 笑ってはいけない。しかし、思わず笑ってしまう珍事が生まれたのは、15日(日本時間16日)に行われたオーランド・マジック―ポートランド・トレイルブレイザーズの一戦だ。

試合は接戦だった。第2クォーター、ブレイザーズが51-47とマジックをリードして迎えた残り24秒。ここで一触即発の事態が起きた。プレーが止まったタイミング、フラストレーションがたまっていたのか、ブレイザーズのC.J.マッカラムは歩きながら、すぐ後ろにマジックのエバン・フォーニエがいる状況で何やら叫び始め、そして、足を止めて振り向いた。

 すると、完全に怒りのスイッチが入り、応戦状態に入っていたフォーニエはマッカラムに対し、ズンズンと近づき、顔を近づけて威圧しようとした次の瞬間だった。足を止めていたマッカラムがまったく怯まず、むしろ、睨み合いを挑もうと顔を近づけた。両者は勢い余って唇と唇が触れ合うような形に……。しかし、両者はそんなことなかったかのように、火花を散らした。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー