[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

21歳田中希実は800m4位 “超出遅れ”の異例レースを説明「いつも勝手がわからない」

東京五輪まで10か月を切った中、陸上の日本選手権最終日が3日、新潟・デンカビッグスワンスタジアムで行われ、女子800メートル決勝では21歳の田中希実(豊田織機TC)が2分04秒76で4位に終わった。日本記録を持つ2日の1500メートルと合わせて二冠はならず。それでも大きく出遅れた序盤から一時トップに立つレースぶりで観衆を沸かせた。川田朱夏(東大阪大)が2分3秒54で優勝した。

田中希実は4位でゴールした【写真:奥井隆史】
田中希実は4位でゴールした【写真:奥井隆史】

日本選手権最終日

 東京五輪まで10か月を切った中、陸上の日本選手権最終日が3日、新潟・デンカビッグスワンスタジアムで行われ、女子800メートル決勝では21歳の田中希実(豊田織機TC)が2分04秒76で4位に終わった。日本記録を持つ2日の1500メートルと合わせて二冠はならず。それでも大きく出遅れた序盤から一時トップに立つレースぶりで観衆を沸かせた。川田朱夏(東大阪大)が2分3秒54で優勝した。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 観衆がどよめいた。田中はスタート直後から大きく遅らせて最後尾についた。しかし、約200メートル地点でギアチェンジ。次々と前の選手たちを追い抜くと、約500メートル地点でトップに躍り出た。異例のレース展開にスタンドは盛り上がる。だが、21歳は最後の直線に入った辺りで失速。4位でゴールした。

 レース後は、事前のプランについて「いつも800メートルの時は勝手がわからず、最初の100メートルで皆さん速いと感じる。今回の予選でも感じたので最初の100メートルは自分のペースでいこうと決めていました」と説明。しかし、最後まで持たず「自分が前に出てロングスパートをすれば800メートルの選手は2周目で落ちてくると思っていたけど、自分も落ちてしまった。そこが弱い部分。自分では上げているつもりだったけど、全くタイムは上がっていなかった」と振り返った。

 それでも、1500メートルで初の日本一に輝いた21歳。今大会について「全部しっかりとテーマを持って落ち着いて進められたのは選手として成長できた」と実感。「でも、やっぱり800メートルで勝ちたい気持ちが足りなかったので、もっと貪欲にやらないといけない。両方この春から培ってきたものを出せば、両方優勝できると思っていた。800メートルでとれなかったのは弱さというか、おごりの部分があったのだと思います」と悔しさを噛み締めた。

 12月にも日本選手権(長距離)で本職の5000メートルに出場予定。「5000メートルはもっと気持ちの強さが大事になる。800メートルでは気持ちの部分で弱かったと思うので、そこを見直せば5000メートルでも14分台、日本記録を出せると思います」と力強く語った。

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集