[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子100m障害・寺田明日香、“出産後初V”へトップで決勝進出 「予選は力を抑えた」

東京五輪まで10か月を切った中、陸上の日本選手権第2日が2日、新潟・デンカビッグスワンスタジアムで行われ、女子100メートル障害準決勝では日本記録保持者・寺田明日香(パソナグループ)が13秒13(追い風0.3メートル)の組1着、全体トップで決勝に駒を進めた。

女子100メートル障害準決勝、全体トップで決勝進出を決めた寺田明日香【写真:奥井隆史】
女子100メートル障害準決勝、全体トップで決勝進出を決めた寺田明日香【写真:奥井隆史】

日本選手権第2日

 東京五輪まで10か月を切った中、陸上の日本選手権第2日が2日、新潟・デンカビッグスワンスタジアムで行われ、女子100メートル障害準決勝では日本記録保持者・寺田明日香(パソナグループ)が13秒13(追い風0.3メートル)の組1着、全体トップで決勝に駒を進めた。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 堂々の走りで決勝に臨む。序盤から加速していくと、後半は他の選手を突き放してゴール。2着に0秒33の差をつけた。レース後は「予選はラウンドをどう積んでいくかが去年からの課題。できるだけ楽に通過したいと思っていました。予選は力を抑えました。走ろうと思うと爆発しちゃうので(笑)。だから抑えたいと思って走って、準決勝は明日にどう繋げられるかを考えていました」と振り返った。

 日本選手権は2010年まで3連覇。結婚・出産、ラグビー経験を経て昨年競技に復帰し、12秒97で日本新記録を樹立した。8月23日のセイコーゴールデングランプリでは13秒03で優勝しているが、同29日のアスリートナイトゲームズイン福井は追い風参考(2.1メートル)ながら12秒93で2位に入った。

 9月の全日本実業団選手権は、左ハムストリングの違和感で棄権。「全日本実業団選手権の前は調整も何もなく、走り込みの週が続いていたので、かなり疲れたまま大会に臨んだ。なかなか100メートルの走り方がうまくなくて、張っていた部分がより張った感じです。特に大きいケガではない。治療器を使ったり、トレーナーさんに見てもらってよくなっているので大丈夫です」と回復ぶりをアピールした。

 3日の決勝では10年ぶり4度目の優勝がかかる。「中盤から後半までどう加速するかが課題。この後、コーチと確認して明日に臨めればと思います」と意気込んだ。愛娘の果緒ちゃんにママの強さを見せたいところだ。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集