[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

物議の“不意打ちアンダーサーブ” ナダルは完全支持「自分にとっては議論の余地はない」

男子テニスの世界ランク2位・ラファエル・ナダル(スペイン)は現地時間30日、4大大会・全仏オープンのシングルス2回戦で同211位マッケンジー・マクドナルド(米国)と対戦。6-1、6-0、6-3で勝利し、3回戦進出を決めた。ナダルはこの試合でマクドナルドからアンダーサーブを受けたが見事に対応。試合後の会見でアンダーサーブについて質問を受けると「戦略的なら100%支持する」と表明した。

全仏で3回戦進出を決めたラファエル・ナダル【写真:AP】
全仏で3回戦進出を決めたラファエル・ナダル【写真:AP】

ブブリクの“不意打ちアンダーサーブ”に言及「良い戦略」

 男子テニスの世界ランク2位・ラファエル・ナダル(スペイン)は現地時間30日、4大大会・全仏オープンのシングルス2回戦で同211位マッケンジー・マクドナルド(米国)と対戦。6-1、6-0、6-3で勝利し、3回戦進出を決めた。ナダルはこの試合でマクドナルドからアンダーサーブを受けたが見事に対応。試合後の会見でアンダーサーブについて質問を受けると「戦略的なら100%支持する」と表明した。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 赤土の王者は“不意打ち”にも動じない。第2セット、4-0でリードした第5ゲームだ。マクドナルドがアンダーサーブを放った。しかしナダルは素早く反応。余裕でボールに追いつくと、強烈なリターンを決めた。

 ナダルは試合後の会見で、このシーンを含むアンダーサーブ全般と、ハンブルク・オープンの2回戦と準々決勝などでアレクサンダー・ブブリク(カザフスタン)が披露したアンダーサーブの是非について質問を受けた。「ポイントが取れれば良い戦略だし、取れなければ悪い戦略。例えば今日のマッケンジーは良い戦略じゃなかった。でもブブリクのはポイントが取れたんだし良い戦略だった。試合の一部さ」とあっさり回答した。

 ブブリクのアンダーサーブに対しては、「ルールブックでは認められている」「プロのテニスじゃない」などとSNS上のファンの間で物議をかもしていたが、ナダルは戦略だとしてこれを支持。続けて「自分のプレーを向上させるため、もしくは戦略的にやるのであれば100%支持する。でも相手を軽視するためにやるのであれば良くない。みんな心の中では分かっているんだ。これが良い場合なのか悪い場合なのかをね」と自身の見解を表明した。

 さらに「自分にとっては議論の余地はない。ルール上問題ないのであればやればいい。選手自身が(自身がそれをやるかどうかについて)どう思うかはその選手次第だね」と各選手によって感じ方は違うとも語った。

 2回戦に快勝したナダルは、3回戦で錦織圭(日清食品)を退けたステファノ・トラバグリア(イタリア)と対戦する。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集