[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ダルビッシュ、前田健太の評価は…MLBがプレーオフ出場選手トップ50を発表

米大リーグはレギュラーシーズンが終了。プレーオフは29日(日本時間30日)、ワイルドカードシリーズが開幕した。これに合わせ、MLBは公式サイトでプレーオフに出場する選手のランキングを発表。トップ50のうち、日本人選手ではカブスのダルビッシュ有投手が11位、ツインズの前田健太投手が40位に入った。

カブスのダルビッシュ有(左)とツインズの前田健太【写真:AP】
カブスのダルビッシュ有(左)とツインズの前田健太【写真:AP】

1位はドジャースのベッツ、バウアーは7位に

 米大リーグはレギュラーシーズンが終了。プレーオフは29日(日本時間30日)、ワイルドカードシリーズが開幕した。これに合わせ、MLBは公式サイトでプレーオフに出場する選手のランキングを発表。トップ50のうち、日本人選手ではカブスのダルビッシュ有投手が11位、ツインズの前田健太投手が40位に入った。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 MLBは過去の実績も考慮に入れながら、最近のパフォーマンスぶりに比重を置いた上位50人のランキングを作成。日本人初の最多勝に輝くなど8勝3敗、防御率2.01と活躍したダルビッシュは11位にランクインしている。

 記事ではダルビッシュについて「2017年に敗れたアストロズと、もし再びワールドシリーズで対決するならば注目だ。ノーヒットノーラン投手のアリエッタを失ったカブスの穴をダルビッシュは埋めた。真の支配的なNo.1先発投手である」などと紹介。また「今季終盤、カブスの打撃陣は苦しんでいることを考えると、ダルビッシュが最高の状態であることが必要だ」と、勝ち抜くにはダルビッシュの活躍が重要になると伝えられている。

 一方、チーム最多タイの6勝(1敗)、防御率2.70と先発陣を牽引した前田は40位。「いつものツインズと今年のツインズの違いはマエダの存在だ。もしシェーン・ビーバーが存在しない世界があるならば、マエダが今年のサイ・ヤング賞投手だった」と、ア・リーグでは圧倒的な成績を残したビーバーに次ぐ先発投手だったと評価されている。

 なお、1位にはドジャースのムーキー・ベッツ外野手がランクイン。ビーバーは3位、ダルビッシュとともにサイ・ヤング賞候補に挙げられるレッズのトレバー・バウアー投手は7位にランク付けられている。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集