[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

前田健太とトレード 22歳剛腕の“161kmバックドア”に反響続々「物理学に反した球」

米大リーグ・ドジャースのブラスダー・グラテロル投手の1球が注目を浴びている。27日(日本時間28日)のエンゼルス戦の8回に登板。100マイル(約161キロ)のバックドアツーシームで見逃し三振に切って取るシーンを、米国の名物セレブが動画付きで公開。「チートだ」などとコメントが相次いでいたが、「物理学に反した球」「この映像を400回は見た」と反響が広がっている。

ブラスダー・グラテロルの1球に「ビデオゲームの世界だ」などの声が上がった【写真:AP】
ブラスダー・グラテロルの1球に「ビデオゲームの世界だ」などの声が上がった【写真:AP】

ドジャースのグラテロルが投じたバックドアとは

 米大リーグ・ドジャースのブラスダー・グラテロル投手の1球が注目を浴びている。27日(日本時間28日)のエンゼルス戦の8回に登板。100マイル(約161キロ)のバックドアツーシームで見逃し三振に切って取るシーンを、米国の名物セレブが動画付きで公開。「チートだ」などとコメントが相次いでいたが、「物理学に反した球」「この映像を400回は見た」と反響が広がっている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 巨漢右腕・グラテロルが力を見せつけた。185センチ、120キロの22歳。8回1死、ジョーンズに対してカウント2-2からの5球目だ。外角のボールゾーンからホームベース付近で急激に変化。シュートの軌道を描き、ストライクゾーンぎりぎりに決まった。球速はなんと100マイル。見事なバックドアに打者のバットは動かない。3人を仕留め、レギュラーシーズン最終戦で圧巻の投球を見せつけた。

 グラテロルの100マイルバックドアにフォーカスしたのは、「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる名物セレブのロブ・フリードマン氏だ。自身のツイッターで「ブラスダー・グラテロル、馬鹿げた100マイルのバックドアツーシーマー」と動画を公開すると、米ファンから「魔術だ」「エグい」「チートモードだ」「目が離せない」とコメントが集まっていたが、反響はさらに拡大している。

「ツインズは彼を放出してお気の毒だ」
「物理学に反した球」
「この投球は芸術だ」
「ビデオゲームの世界だ」
「彼は近い将来、ドジャースの守護神を務めることになるだろう」
「この映像を400回は見た」
「どうやって打てと?」

 メジャー2年目の今季は前田健太とのトレードでドジャースに加入。23試合に登板して防御率3.09と上々の成績を残した。プレーオフでも剛腕を振ってくれるはずだ。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集