[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日韓で屈辱、ドイツで歓喜… 涙のブッフォン、21年間に刻んだアズーリの輝き

サッカー・イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン(ユベントス)が13日(日本時間14日)、代表引退を表明した。男泣きした主将は試合後、21年間まとってきた代表のユニホームを脱ぐことを明らかにした。

ロシアW杯出場逃し、代表引退表明…18歳デビュー、挫折と栄光を味わった39歳の歴史

 サッカー・イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン(ユベントス)が13日(日本時間14日)、代表引退を表明した。この日の18年ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフ第2戦でスウェーデンと0-0で引き分け。2戦合計0-1で60年ぶりに本大会出場を逃した。男泣きした主将は試合後、21年間まとってきた代表のユニホームを脱ぐことを明らかにした。

 カテナチオの最後の砦が、挫折と栄光を味わってきたアズーリのユニホームを脱ぐ。

 ブッフォンは98年に18歳の若さで代表デビュー。W杯では98年のフランス大会は出場はなかったが、メンバーに初選出された。日本のファンに最も印象深かったのは、02年の日韓大会だろう。DFのマルディーニ、ネスタ、カンナバーロと最強の守備陣を形成し、初めてW杯のピッチに立った。

 しかし、順調にグループリーグを突破した決勝トーナメント1回戦の韓国戦。大アウェーの中でPKを止めるなど躍動したが、試合終了間際に追いつかれ、最後は延長戦の末に敗退。不可解な判定もあり、ほろ苦いものとなった。ただ、その悔しさを4年後にぶつけた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集