[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

永峰咲希に1打差惜敗 田辺ひかり、バーディー必須の18番に悔い「打ち切れなかった」

女子ゴルフの国内メジャー・日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯最終日が13日、岡山・JFE瀬戸内海GC(6640ヤード、パー72)にて無観客で行われた。首位と2打差の4位で出た25歳の永峰咲希(ニトリ)が69で回り、通算12アンダーのメジャー初優勝でツアー通算2勝目。23歳の田辺ひかり(伊藤園)は、粘りを見せたが1打差2位のまま初優勝に届かなかった。

1打差で初優勝を逃した田辺ひかり【写真:Getty Images】
1打差で初優勝を逃した田辺ひかり【写真:Getty Images】

国内メジャー・日本女子プロ選手権最終日、永峰咲希が2年5か月ぶりV

 女子ゴルフの国内メジャー・日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯最終日が13日、岡山・JFE瀬戸内海GC(6640ヤード、パー72)にて無観客で行われた。首位と2打差の4位で出た25歳の永峰咲希(ニトリ)が69で回り、通算12アンダーのメジャー初優勝でツアー通算2勝目。23歳の田辺ひかり(伊藤園)は、粘りを見せたが1打差2位のまま初優勝に届かなかった。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 1打差の2位で出た田辺は3バーディー、2ボギーの71。最終18番でバーディーを獲れば、永峰に並んでプレーオフだったが、長いバーディーパットは決め切れなかった。「今日は風も強くて、パッティングのリズムが狂ってしまう場面があって、そこからスイングリズムの方に意識がいってしまった」と振り返った。

 12、13番で連続バーディーを奪ったが、14番以降はパーで勢いがストップ。「この風の中でチャンスをつくれていたという部分は満足している」と及第点を与えた。最終18番パー5は風の影響もあったが「2打目も気にしたわけでもなく、自分の中では振り切ったショットだったんですけど、出球が右に行ってそのまま右に流れて。3打目もそんなに悪くなくて、風が凄い吹いていた。ラフということもあって、打ち切ることができずにああいう形になってしまった」とチャンスにつけられずに悔やんだ。

 初優勝は逃したが「この4日間本当に楽しくて、初めての最終組も経験出来て、すごくいい経験だった」と手応え。「これからの自分の自信につながるプレーがしっかり出来たと思う」と胸を張った。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集