[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

25歳永峰咲希、メジャー初Vで中堅の意地 新世代が台頭も「心では負けたくないと…」

女子ゴルフの国内メジャー・日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯最終日が13日、岡山・JFE瀬戸内海GC(6640ヤード、パー72)にて無観客で行われた。首位と2打差の4位で出た25歳の永峰咲希(ニトリ)が69で回り、通算12アンダーで875日ぶりのツアー通算2勝目を逆転で飾ってメジャー初優勝を果たした。オンラインで会見では、中堅選手の意地を垣間見せた。

2年5か月ぶりの優勝を飾った永峰咲希【写真:Getty Images】
2年5か月ぶりの優勝を飾った永峰咲希【写真:Getty Images】

永峰咲希が2年5か月ぶりV、若手の連勝をストップ

 女子ゴルフの国内メジャー・日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯最終日が13日、岡山・JFE瀬戸内海GC(6640ヤード、パー72)にて無観客で行われた。首位と2打差の4位で出た25歳の永峰咲希(ニトリ)が69で回り、通算12アンダーで875日ぶりのツアー通算2勝目を逆転で飾ってメジャー初優勝を果たした。オンラインで会見では、中堅選手の意地を垣間見せた。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 永峰は出だしの1番でバーディー発進すると、5、8番でも伸ばした。一時は1打差2位で出たペ・ヒギョンと首位で並ぶなど激しい優勝争いを展開。後半10、11番の連続バーディーで抜け出したが、12、16番のボギーで2位に1打差に迫られた。しかし、なんとか踏ん張り、デッドヒートの末に逃げ切った。

 オンラインで会見では「前半はバーディーチャンスが多くそんなに意識していなかった。後半はいっぱいいっぱいだったけど、最後は気持ちでどうにか逃げ切った。後半の3パットで叩いた時に優勝を意識した」と苦笑い。「でも、初優勝の時も3パットしたので、それを思い出しながらやった」と笑いを誘った。

 柏原明日架、堀琴音ら逸材が揃い、プロ転向後は「14年プロテスト合格組」と期待を集めた世代。トップ10入りを21回も数えるなど苦労した末、プロ5年目となった18年4月のフジサンケイレディスで世代一番乗りの初優勝を遂げた。以降、8度のトップ10入りしたが、2勝目は手にできず。2週前に今季最高の6位に入り、約2年5か月ぶりに遠かった2勝目を手にした。

 ツアーを席巻する1998年度の黄金世代に加え、今季は2000年度生まれのプラチナ世代がプロデビュー。さらに1学年下の笹生優花(ICTSI)が2勝するなど、永峰より年下の選手が3連勝中だった。

 自身の世代について「もう若手じゃないけど、中堅かというと上もいるし、難しいところ。中堅だと言われればそうですね」と自己分析。年下の台頭に対し「煽られている感じはしないけど、私たちの学年もたくさんいる。みんな凄い頑張っているし、若手が多いといっても私たちも数は凄くいる。一緒にご飯に行った時に口にはしないけど、みんな心のどこかで負けたくないと思っていると思う」と同学年の選手たちの意地を垣間見せた。

 メジャー優勝で長期シードを得たが、海外挑戦については「今のところはないかな。まだピンとは来てないですね」とコメント。「5試合目で大きい大会で優勝できて凄く自信になった。今季はここまでの試合も自分の成長を感じた。2勝目まで時間がかかったので、3勝目はもうちょっと早くできるように目指したい」と飛躍を誓った。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集