[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 「元プロ野球選手」の星に― 元DeNA細山田武史、社会人で“日本一2冠”の価値

「元プロ野球選手」の星に― 元DeNA細山田武史、社会人で“日本一2冠”の価値

社会人野球の日本選手権(京セラドーム大阪)決勝は12日、トヨタ自動車(愛知)が日本生命(大阪)を3-1で下し、3年ぶり5度目の優勝を飾った。「8番・捕手」で出場したのは、細山田武史。聞き覚えのあるファンもいるだろう。DeNA、ソフトバンクに在籍した元プロ野球選手。31歳は昨年の都市対抗に続き、社会人二大大会で“日本一ダブル制覇”を達成し、輝きを再び放っている。

かつては「牛丼」発言も…社会人二大大会制覇、斎藤佑樹の元女房が“第二の人生”で輝き

 社会人野球の日本選手権(京セラドーム大阪)決勝は12日、トヨタ自動車(愛知)が日本生命(大阪)を3-1で下し、3年ぶり5度目の優勝を飾った。「8番・捕手」で出場したのは、細山田武史。聞き覚えのあるファンもいるだろう。DeNA、ソフトバンクに在籍した元プロ野球選手。31歳は昨年の都市対抗に続き、社会人二大大会で“日本一ダブル制覇”を達成し、輝きを再び放っている。

 最後の打者を打ち取ると、日本一の輪の中心で、雄叫びを上げた。細山田は優勝をかけた決戦で4投手を1失点で好リード。投手戦をものにし、歓喜に酔いしれた。

 鹿児島城西高から早大に進学。3年春から鳴り物入りで入学した斎藤佑樹(現日本ハム)とバッテリーを組み、日本一に輝いた。大学日本代表に選ばれ、08年ドラフト4位で横浜(現DeNA)入団。しかし、正捕手候補と期待されたプロでは苦しんだ。ルーキーイヤーこそ88試合に出場したが、2年目以降は出場機会が減少。12年に契約更改で大幅減俸を提示された際には「食事は松屋か吉野家」と発言したことが、メディアに取り上げられ、話題を呼んだことがあった。

 13年オフに戦力外を通告され、トライアウトを経て、ソフトバンクに入団。しかし、育成契約。背番号は125だった。15年に支配下契約され、12試合に出場したが、オフに2度目の戦力外に。球団職員となる道もあったが、今度はトライアウトを受けず、新天地に選んだのが、社会人野球の名門・トヨタ自動車だった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー