[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみ、激闘の全米Vを各国メディア絶賛「狂気じみた試合」「信じられない逆襲」

テニスの4大大会・全米オープンは12日(日本時間13日)、女子シングルス決勝で世界ランク9位の大坂なおみ(日清食品)が同27位のビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)を1-6、6-3、6-3で破り、2年ぶりの優勝を飾った。各国メディアも「信じられないカムバック」「劇的なテニスをみせた」などと大坂の快挙を続々と報じている。

2年ぶりの全米オープン優勝を果たした大坂なおみ【写真:AP】
2年ぶりの全米オープン優勝を果たした大坂なおみ【写真:AP】

大坂なおみの快挙を各国メディアが続々報道

 テニスの4大大会・全米オープンは12日(日本時間13日)、女子シングルス決勝で世界ランク9位の大坂なおみ(日清食品)が同27位のビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)を1-6、6-3、6-3で破り、2年ぶりの優勝を飾った。各国メディアも「信じられないカムバック」「劇的なテニスをみせた」などと大坂の快挙を続々と報じている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 優勝した大坂に海外も賛辞を送った。第1セットを落としながらも逆転でつかんだ栄冠。英公共放送「BBC」は「全米オープン2020:ナオミ・オオサカがビクトリア・アザレンカを下し3度目のグランドスラム優勝」と題した記事で大坂に注目。「ナオミ・オオサカが注目せずにはいられない全米オープン決勝で、ビクトリア・アザレンカに反撃。成熟してきていることを示した」と精神面の成長を称えた。

 逆境で見せた大坂の精神力には、米スポーツ専門局「ESPN」も注目。「ナオミ・オオサカの全米オープン優勝につながった鍵」と題した記事の中で「オオサカは決して混乱しなかった。第1セットを落とし、第2セットの最初のサービスゲームを奪われた後でさえだ。すぐにアザレンカに反撃。試合をタイに戻し、試合の新たな段階の幕開けを告げた」と冷静にプレーできたことが勝利につながったと指摘した。

 米紙「USAトゥデー」は「2018年の全米オープン女王で世界ランク9位のオオサカは1-6、6-3、6-3で勝利。しかし感情は揺れ動き、狂気じみた試合の流れの変化があった。最終的に、マスクと社会意識によって今大会の顔となった女性が最後の2セットで劇的なテニスをみせた」と大坂の快挙を報道した。

 また、オーストラリアメディア「news.com.au」も「ナオミ・オオサカは信じられないカムバックでアザレンカを下し、勝利をもぎ取った」と手放しで称賛。さらにアジア各国でも続々速報されており、大坂が演じた快挙は世界に波及している。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集