[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみ、7枚の抗議マスク“完結”に米ファン支持多数「彼女の様な若い女性が必要」

テニスの4大大会・全米オープンは12日(日本時間13日)、女子シングルス決勝で世界ランク9位の大坂なおみ(日清食品)が世界ランク27位のビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)を1-6、6-3、6-3で破り、2年ぶりの優勝を飾った。今大会、黒人差別に抗議するマスクを毎試合着用していたが、この日で用意していた7枚をすべて披露。見事に“公約”を果たした。大会公式、米メディアもクローズアップし、支持が集まっている。

2年ぶりの優勝を飾った大坂なおみ【写真:AP】
2年ぶりの優勝を飾った大坂なおみ【写真:AP】

黒人被害者の7枚のマスクをすべて披露「いろいろな人が話題にしてくれたら…」

 テニスの4大大会・全米オープンは12日(日本時間13日)、女子シングルス決勝で世界ランク9位の大坂なおみ(日清食品)が世界ランク27位のビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)を1-6、6-3、6-3で破り、2年ぶりの優勝を飾った。今大会、黒人差別に抗議するマスクを毎試合着用していたが、この日で用意していた7枚をすべて披露。見事に“公約”を果たした。大会公式、米メディアもクローズアップし、支持が集まっている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 大坂が2年ぶり戴冠の裏で“公約”を果たした。試合前のコート入り。口元を覆った黒のマスクには、14年にオハイオ州で警察官の発砲を受けて死亡した12歳(当時)の黒人少年タミル・ライス君の名前が記されていた。今大会は1回戦でブレオナ・テイラーさんの名前の入ったマスクを着用し、試合後は黒人被害者の名前を記した7枚のマスクを用意していることを告白。決勝まで7試合で披露する決意を明かしていた。

 決勝進出で見事に目標を達成し、優勝で花を添えた大坂。試合後のインタビューでこのことについて問われると「いろいろな人がこのことを話題にしてくれると嬉しいです」と真剣なまなざしで語った。

 マスク着用については米国内外で賛否両論を呼んでいたが、米スポーツ専門局「ESPN」公式ツイッターは上述のコメントを述べたシーンを動画付きで紹介。また、大会公式ツイッター、インスタグラムも大坂が着用した7枚のマスクすべてを写真付きで紹介した。

 コメント欄には「アメリカの英雄」「私たちは彼女のような若い女性が必要だ。これからも活動をやめないでね」「彼女は使命を背負っているよね」「オオサカはスポーツ界にとって非常に大きな存在だ」「本当に感動した」「勇敢なナオミ・オオサカ!」などの声が多数。なかには「黒人アスリートが政治的メッセージを発信することは飽きた!」という声もあったが、大坂の行動を支持する意見が大多数を占めていた。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集