[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみ、完全復活の2年ぶりV! 元世界1位アザレンカとの死闘制し、4大大会3勝目

テニスの4大大会・全米オープンは12日(日本時間13日)、女子シングルス決勝で世界ランク9位の大坂なおみ(日清食品)が世界ランク27位のビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)を1-6、6-3、6-3で破り、2年ぶりの優勝を飾った。

2年ぶりの優勝を飾った大坂なおみ【写真:AP】
2年ぶりの優勝を飾った大坂なおみ【写真:AP】

全米OP、女子シングルス決勝

 テニスの4大大会・全米オープンは12日(日本時間13日)、女子シングルス決勝で世界ランク9位の大坂なおみ(日清食品)が世界ランク27位のビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)を1-6、6-3、6-3で破り、2年ぶりの優勝を飾った。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 大坂はアザレンカに対して過去2勝1敗。前哨戦「ウェスタン&サザン・オープン」決勝でも対戦予定だったが、大坂が棄権したことにより、両者の対戦は昨年の全仏オープン2回戦(4-6、7-5、6-3で大坂が勝利)以来となった。

 大坂は第1セット、第1ゲームでいきなりブレークを許してしまう。第3ゲームはキープするが、第5ゲームでもダブルフォルトを犯し、立て続けにブレークされる厳しい展開に。第7ゲームもブレークを喫し、わずか27分でこのセットを落としてしまった。

 今大会好調だったサーブが思うように決まらない大坂。第1セットはファーストサーブのポイント獲得率がわずか44%にとどまり、アンフォーストエラーの数も13とアザレンカの3を大きく上回ってしまった。

 第2セットも第2ゲームで先にブレークされる苦しい展開だったが、第3ゲームですぐにブレークバック。第7ゲームも40-15でブレークし、この試合で初めてリードを奪う。第9ゲームもブレークし、このセットを6-3で取り返した。立て直した大坂。アンフォーストエラーもわずか5つと、ミスの数も一気に減った。

 運命の第3セット。先にブレークしたのは大坂だ。第4ゲームで強烈なバックハンドのダウンザラインを叩き込みブレーク。第5ゲームも0-40からキープ。勢いに乗ると、このセットも取り切った。見事な逆転勝ちで4大大会3勝目を手にした。

 2年前の全米オープン決勝では憧れの元世界女王のセリーナ・ウィリアムズ(米国)を倒して優勝。一躍、テニス界のシンデレラガールとなった。翌年の全豪オープンも制して、世界ランク1位に上り詰めた。しかし直後にサーシャ・バインコーチと関係を解消。思うように結果が出ない時期もあった。

 それでも大坂は力強く帰ってきた。今大会では人種差別への抗議の思いを込めたマスクを毎試合、着用。決勝では2014年に警察官の発砲を受けて死亡した当時12歳の黒人少年タミル・ライス君の名前が入ったマスクで入場。用意していた7枚をすべて披露した。

 精神的なもろさを見せることなく完全復活をアピール。大きくなった22歳が再び主役として、女子テニス界をけん引していく。

【大坂の今大会成績】()は世界ランク

1回戦 2-1 土居美咲(81)
2回戦 2-0 ジョルジ(74)
3回戦 2-1 コスチュク(137)
4回戦 2-0 コンタベイト(21)
準々 2-0 ロジャーズ(93)
準決 2-1 ブレイディ(41)
決勝 2-1 アザレンカ(27)

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集