[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

プロ志望届 第6週高校生は8人提出 明石商のドラフト候補、55発大砲ら計181人に

日本高校野球連盟が8月3日から公式サイトで開始したプロ野球志望届の提出者公示は6週目を終えた。5日間(7~11日)で8人が提出。高校生の提出者は計181人となった。

高校生の提出者は計181人となった
高校生の提出者は計181人となった

8月3日からプロ志望届提出者の公示が開始

 日本高校野球連盟が8月3日から公式サイトで開始したプロ野球志望届の提出者公示は6週目を終えた。5日間(7~11日)で8人が提出。高校生の提出者は計181人となった。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 今週は明石商(兵庫)の中森俊介投手、来田涼斗外野手、東海大相模(神奈川)の鵜沼魁斗外野手、西川僚祐外野手らが提出した。

 最速151キロを誇る中森は世代No.1投手の呼び声も高い。通算34本塁打をマークしている来田は走攻守揃った外野手。いずれもドラフト上位候補として高評価されている。

 鵜沼は走攻守三拍子そろった好素材。昨年は2年生ながらU18高校日本代表にも選出された。186センチの大型スラッガー・西川は高校通算55発の大砲だ。

 6週目の提出者は8人。前週までと合計すると181人となった。提出締め切りは10月12日。提出者は同26日に実施予定のプロ野球ドラフト会議の指名対象となる。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集