[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ダルビッシュ、空振り率1位の直球は「浮き上がってくる」 好調の要因をMLBが分析

米大リーグ・カブスのダルビッシュ有投手は9日(日本時間10日)、レッズ戦に登板して6回2安打3失点も、今季2敗目(7勝)を喫した。今季の連勝は7で止まったが、8戦連続クオリティスタート(QS)を達成。好投が続いている要因を、MLB公式が分析。今季のフォーシームの空振り率が先発でNo.1であることに触れ、「打者の目には球が浮き上がってくるように映っている」などと評価している。

サイ・ヤング賞の有力候補とされるダルビッシュ有【写真:AP】
サイ・ヤング賞の有力候補とされるダルビッシュ有【写真:AP】

先発ではフォーシームの空振り率が44.7%で1位

 米大リーグ・カブスのダルビッシュ有投手は9日(日本時間10日)、レッズ戦に登板して6回2安打3失点も、今季2敗目(7勝)を喫した。今季の連勝は7で止まったが、8戦連続クオリティスタート(QS)を達成。好投が続いている要因を、MLB公式が分析。今季のフォーシームの空振り率が先発でNo.1であることに触れ、「打者の目には球が浮き上がってくるように映っている」などと評価している。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 レッズ戦では初回、2四球で2死一、二塁とされると、5番ムスタカスに4号3ランを被弾。早々に失点したが、その後は6回まで無失点。左打者の外角にキレ良く逃げる96マイル(約154キロ)の球などを駆使し、9つの三振を奪うなど圧倒的な投球を見せつけた。

 今季ここまでリーグ1位タイの7勝、同1位の72奪三振、同3位の防御率1.77をマークするなどサイ・ヤング賞の有力候補とされるダルビッシュ。MLB公式は右腕の直球に着目し、「ダルビッシュの新速球は打者にとってバッドニュース」との見出しで分析記事を掲載している。

 記事によると、今季のダルビッシュはフォーシームでの空振り率が44.7%。これは2季連続サイ・ヤング賞のデグロム(メッツ、39.2%)らを上回り、MLBの先発投手でNo.1の数字だ。また、2ストライクからのフォーシームでの空振り率32.5%も1位。ちなみに3位にはツインズの前田健太(31.8%)が入っている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集