[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

50cmも変化した!? ダルの154kmの“平行移動ツーシーム”に米反響拡大「不条理だ」

米大リーグ、カブスのダルビッシュ有投手は9日(日本時間10日)、本拠地でのレッズ戦に先発登板。6回を投げて98球、3失点9奪三振と好投するも、味方の援護がなく2敗目。自身の連勝は7でストップしたが、被安打は2と変わらぬ安定感だった。米国の名物セレブが96マイル(約154キロ)の超変化ツーシームを動画付きで脚光を浴びせると、米ファンからは「これをどうやって打てと?」などと驚愕の声が上がったが、米記者もこの1球に注目している。

ダルビッシュ有【写真:AP】
ダルビッシュ有【写真:AP】

ツーシームの驚きの変化量に米記者も注目

 米大リーグ、カブスのダルビッシュ有投手は9日(日本時間10日)、本拠地でのレッズ戦に先発登板。6回を投げて98球、3失点9奪三振と好投するも、味方の援護がなく2敗目。自身の連勝は7でストップしたが、被安打は2と変わらぬ安定感だった。米国の名物セレブが96マイル(約154キロ)の超変化ツーシームを動画付きで脚光を浴びせると、米ファンからは「これをどうやって打てと?」などと驚愕の声が上がったが、米記者もこの1球に注目している。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 見るものを唸らせる、圧倒的な1球だった。5回1死、左打者ボットに対する2球目だ。ダルビッシュが投じた1球が凄まじい軌道を描いた。打者の手元で一気に外角一杯へ。まるで平行移動するように急激に変化。ボットのバットは空を切り、ボールは捕手のミットに収まった。

 ゲームのような変化をみせた96マイルに、MLB公式で主にスタットキャストを担当しているデビッド・アドラー記者も注目を寄せた。自身のツイッターで動画を引用し、「19.2インチ(約48.8センチ)の横方向への変化」と記している。ホームベースの横幅(17インチ)を上回るほど変化したと驚いているようだ。

 この投稿に、米ファンからは「ワオ!!」「どうすりゃ可能なんだ」「一体全体なんだこれは」「不条理だ」「エグい」などと仰天。反響がさらに広がっている。

 初回に3ランを被弾した以外は圧倒的な投球を見せたダルビッシュ。レッズの右腕バウアーとの投げ合いには敗れたが、安心して見ていられる投球を続けている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集