[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 宮原、320日ぶり復帰戦で安堵の6位 メドベージェワSP首位、本郷が日本人最高4位

宮原、320日ぶり復帰戦で安堵の6位 メドベージェワSP首位、本郷が日本人最高4位

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦NHK杯は10日、女子ショートプログラム(SP)で左足股関節の疲労骨折から復帰戦となった宮原知子(関大)は65.05点で6位。昨年12月の全日本選手権以来、320日ぶりの大会出場で復活の第一歩を記した。本郷理華(邦和スポーツランド)は65.83点で日本最上位の4位。エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が79.99点で首位に立った。

GPシリーズNHK杯、全日本3連覇女王・宮原が昨年12月以来の実戦で大きなミスなく第一歩

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦NHK杯は10日、女子ショートプログラム(SP)で左足股関節の疲労骨折から復帰戦となった宮原知子(関大)は65.05点で6位。昨年12月の全日本選手権以来、320日ぶりの大会出場で復活の第一歩を記した。本郷理華(邦和スポーツランド)は65.83点で日本最上位の4位。エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が79.99点で首位に立った。

 無数の日の丸が揺れる中、日本の3連覇女王が銀盤に帰ってきた。

 宮原はSPのナンバー「SAYURI」。ピンクの衣装をまとった19歳は、冒頭の3回転の連続ジャンプは2本目が2回転トーループに。それでも、3回転ループ、2回転アクセルはしっかりと着氷。故障でジャンプができない間に磨いてきた表現力も発揮した。さすがの貫禄で大きなミスなく演じ切ると、大歓声に包まれるリンク上に、ほっとしたような笑みが咲いた。

 昨シーズンは左股関節の疲労骨折で後半戦を棒に振った。大会での演技は3連覇を果たした昨年12月25日の全日本選手権以来、実に320日ぶりだった。

「初志貫徹」をテーマに掲げたGP開幕前には「昨シーズン後半に怪我をしてしまい、オフは氷に乗らない時期が1か月くらいあった」と吐露。「自分が今まで経験したことない時期があって、大変な思いもした。そういうことがあっても、最初に決めた目標は貫き通したい」と意気込んでいた。

 宮原の離脱中には樋口新葉(日本橋女学館高)、三原舞依(シスメックス)らが台頭。本田真凜(関大高)もシニアデビューし、2枠しかない平昌五輪の権利獲りは熾烈だ。それでも「最後に全日本選手権で一番いい演技をするというのが目標」と定めた道筋の大事な第一歩を、確かに踏み出した。

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー