[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみは「完璧だった」 完敗ロジャースは称賛「彼女が望めば、優勝できるわ」

テニスの4大大会・全米オープンは8日(日本時間9日)、女子シングルス準々決勝で世界ランク9位の大坂なおみ(日清食品)が同93位のシェルビー・ロジャース(米国)を6-3、6-4のストレートで下し、優勝した2018年以来、2大会ぶりの4強入りを決めた。敗れたロジャースは試合後、「オオサカは完璧なプレーを見せた」と脱帽している。

4強入りを決めた大坂なおみ【写真:AP】
4強入りを決めた大坂なおみ【写真:AP】

初の4強入りならずのロジャースは素直に大坂の強さを称賛

 テニスの4大大会・全米オープンは8日(日本時間9日)、女子シングルス準々決勝で世界ランク9位の大坂なおみ(日清食品)が同93位のシェルビー・ロジャース(米国)を6-3、6-4のストレートで下し、優勝した2018年以来、2大会ぶりの4強入りを決めた。敗れたロジャースは試合後、「オオサカは完璧なプレーを見せた」と脱帽している。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 過去大坂に対して3戦全勝だったロジャース。だが、2017年以来3年ぶりの対戦はストレート負けに終わった。自身初の4強入りはならず、試合後は大坂の強さを素直に認めている。

 AFP通信などに寄稿しているリーム・アブレイル記者のツイッターによると、ロジャースは「彼女(オオサカ)は完璧なプレーを見せたわ。おかしなミスもしなかった」と脱帽。さらに「もちろん、私だって良いプレーをして、相手のミスを誘発することができる。それでも、全体を通して彼女のプレーは良かった。彼女が望めば、あと2つ勝つことができるでしょうね」と優勝の可能性は十分だと太鼓判を押した。

 ロジャースはツアー再開後、8月のトップシード・オープンで世界ランク8位のセリーナ・ウィリアムズ(米国)を撃破。今大会でも2回戦で同17位エレナ・リバキナ(カザフスタン)、4回戦で同12位ペトラ・クビトバ(チェコ)を破るなど台風の目となっていた。

 大坂は次戦で世界ランク41位のジェニファー・ブレイディ(米国)と対戦する。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集