[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

小祝さくらが逃げ切り圧勝 2勝目で笹生優花の3連勝阻止「リベンジできて嬉しい」

女子ゴルフのゴルフ5レディス最終日が6日、岐阜・ゴルフ5CみずなみC(6571ヤード、パー72)にて無観客で行われた。単独首位で出た小祝さくら(ニトリ)が6バーディー、ボギーなしの66で回り、2位に6打差をつける通算17アンダーで優勝。昨年7月以来、約1年2か月ぶりのツアー通算2勝目を手にした。2打差の2位で出た比嘉真美子(TOYO TIRE)は7打差の4位に終わった。

通算17アンダーで優勝した小祝さくら【写真:Getty Images】
通算17アンダーで優勝した小祝さくら【写真:Getty Images】

黄金世代・小祝さくらが2勝目、19歳新人・笹生優花は3連勝ならず

 女子ゴルフのゴルフ5レディス最終日が6日、岐阜・ゴルフ5CみずなみC(6571ヤード、パー72)にて無観客で行われた。単独首位で出た小祝さくら(ニトリ)が6バーディー、ボギーなしの66で回り、2位に6打差をつける通算17アンダーで優勝。昨年7月以来、約1年2か月ぶりのツアー通算2勝目を手にした。2打差の2位で出た比嘉真美子(TOYO TIRE)は7打差の4位に終わった。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 小祝は前半3、4番で連続バーディーを奪うと、8番でもバーディー。首位を独走すると、15番から3連続バーディーでスコアを伸ばした。優勝インタビューでは「先週とは違った感じでのプレーでした。コースも違って大丈夫かなという心配もあったけど、(前週の)リベンジできて嬉しいです。初優勝から1年以上経って、意外と気持ちは長く感じました」と話した。

 8月の全英女子オープンは出場権があったものの、帰国後の自主隔離期間を考慮して出場を断念していた。コロナ禍により大舞台で戦えなかったが、国内で結果を残す活躍。「全英オープンで経験したかったけど、コロナで断念した。また次のチャンスをしっかりとつかめるように頑張りたい」と先を見据えた。

 渋野日向子らと同じ1998年度生まれの黄金世代。前週のニトリレディスは19歳の新人・笹生優花(ICTSI)と激しい優勝争いの末、地元・北海道のホステス大会で2打差の2位に終わり「実力的には優花ちゃんの方が全然上。自分はまだまだだと思う」と悔しさを味わった。この日、2連勝中だった笹生は4アンダーの29位。黄金世代の小祝が、飛ぶ鳥を落とす勢いの新人を止める結果となった。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集