[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「リトルリーグのような本塁打」 田中将大の白星呼ぶ、レイズのお粗末守備にMLB脚光

米大リーグ、ヤンキースの田中将大投手は1日(日本時間2日)、本拠地でのレイズ戦で先発登板。6回2失点の好投で、待望の今季初勝利をあげた。降板した直後に味方が3点の援護に成功したが、この勝ち越しシーンでのレイズのお粗末な守備が米国で注目を集めている。MLB公式インスタグラムが実際のシーンを動画付きで公開。「リトルリーグのようなホームラン」として紹介している。

ヤンキース・田中将大の今季初白星を呼んだプレーとは【写真:AP】
ヤンキース・田中将大の今季初白星を呼んだプレーとは【写真:AP】

6回ヤンキースの勝ち越し打にMLBが注目

 米大リーグ、ヤンキースの田中将大投手は1日(日本時間2日)、本拠地でのレイズ戦で先発登板。6回2失点の好投で、待望の今季初勝利をあげた。降板した直後に味方が3点の援護に成功したが、この勝ち越しシーンでのレイズのお粗末な守備が米国で注目を集めている。MLB公式インスタグラムが実際のシーンを動画付きで公開。「リトルリーグのようなホームラン」として紹介している。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 2-2の6回1死一、二塁。ヤンキースのウルシェラが中堅方向へ鋭い打球をはじき返した。レイズの中堅手のキーアマイヤーは前進しながら捕球しようと飛びついたが、グラブに当てることすらできず後逸。ボールは転々とする間に2人の走者が次々と生還し勝ち越した。

 さらに中継が乱れ、本塁への送球が捕手の頭を大きく越える大暴投となる間に、打ったウルシェラも三塁ベースを蹴って一気に本塁を狙う。カバーに入っていた投手から捕手へ送球は、完全にアウトのタイミングだったが、頭から滑り込んだウルシェラが巧みにタッチをかいくぐりセーフの判定。一気に3点を勝ち越した。

 記録は二塁打となったこの一連のプレーに、MLBは「リトルリーグのようなホームランを愛さずにはいられない」と添えて動画付きで投稿。目の当たりにした米ファンからは「ヤンキースタジアムでのホームランはどれもリトルリーグみたいなものばかりだよ」「リトルリーグのような守備も愛さないとね」「この10年で最高にクレージーなプレーだ」「レイズが情けないだけだ」などとコメントが書き込まれている。

 9回にはヤンキースのクローザー・チャップマンが頭部付近に162キロのファストボールを投じたことで、一触即発となる場面も。トピックスの多い試合になったようだ。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集