[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

全米OPで旋風なるか 日系の19歳ナカシマに米紙期待「米男子テニスを救うかも」

テニスの全米オープンは1日(日本時間2日)、男子シングルス1回戦が行われ、世界ランク223位のブランドン・ナカシマ(米国)が同125位のパオロ・ロレンツィ(イタリア)に6-3、6-2、7-6(7-3)のストレートで勝利。2回戦進出を決めた。デビューしたばかりの19歳の新星ナカシマに、大会公式が脚光を浴びせている。

ブランドン・ナカシマ【写真:Getty Images】
ブランドン・ナカシマ【写真:Getty Images】

日系米国人ナカシマの活躍に大会公式が注目

 テニスの全米オープンは1日(日本時間2日)、男子シングルス1回戦が行われ、世界ランク223位のブランドン・ナカシマ(米国)が同125位のパオロ・ロレンツィ(イタリア)に6-3、6-2、7-6(7-3)のストレートで勝利。2回戦進出を決めた。デビューしたばかりの19歳の新星ナカシマに、大会公式が脚光を浴びせている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 ナカシマにとってグランドスラムデビューとなったこの一戦。最初の2セットを危なげなく奪うも、第3セットは両者がサービスゲームをキープし接戦に。それでもナカシマは冷静さを失わず、タイブレークを制して4大大会初勝利を手にした。

 大会公式は「ブランドン・ナカシマが2020年の全米オープンでパオロ・ロレンツィをアップセット」と題して記事を掲載。その中で「経験不足にもかかわらず、ナカシマは成熟した、集中力の高い試合をプレーした」と19歳とは思えないナカシマの精神力を称賛した。

 また、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)と長年の友人であり、ナカシマのコーチを務めるドゥシャン・ベミッチ氏が、19歳の「落ち着きと集中力」がジョコビッチを彷彿とさせるものだと語ったとも紹介。「『いつか世界一になる』というナカシマの究極の目標を追求する上で、プレーの質の高さが貢献するだろう」と成長に太鼓判を押した。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集