[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

全米OPで旋風なるか 日系の19歳ナカシマに米紙期待「米男子テニスを救うかも」

米メディアも脚光「ナカシマが米男子テニスを救える」

 米カリフォルニア州サンディエゴ出身の日系米国人であるナカシマ。17歳で米バージニア大に“飛び級”入学すると、2019年にはACC最優秀フレッシュマン賞を受賞した。同年にプロ転向し、ツアー本戦初出場となった今年2月のデルレイビーチ・オープンではいきなりベスト8入りを果たした新星だ。

【特集】人馬が築く信頼関係 言葉を超えたコミュニケーションで目指す共通のゴール / 馬術・戸本一真さんインタビュー(GROWINGへ)

 ATPツアーは公式サイトで「19歳ナカシマ:『いつも一番になりたかった』」とのタイトルでナカシマを特集。「彼はレベルに順応するのに時間を無駄にしなかった。トップ100の選手を2人下し、準々決勝に進出したのだ」とデルレイビーチ・オープンでの活躍を振り返りつつ、「今、彼は全米オープンの2回戦でより大きな試験に直面する。ネクストジェネレーション・ATPのスターは2018年のATPファイナルズ王者、アレクサンダー・ズべレフと対戦する」と次戦のズべレフ戦が試金石になると示唆した。

 米地元紙「ニューヨーク・ポスト」は「ブランドン・ナカシマの“古典的”なバックハンドが米国男子テニスを救うかもしれない」と題した記事の中で、「ブランドン・ナカシマへの期待の盛り上がりは、彼がデルレイビーチ・オープンで18歳にして準々決勝に進出した2月から始まった。そしてそのプロセスはパット・キャッシュをひどく驚かせている」と報道した。

 現役時代にウィンブルドンを制した経験を持ち、現在ナカシマのコーチを務めるオーストラリア人のキャッシュ氏。記事内では「彼がどれだけ素早く学び、物事を吸収するか。こんなのはいまだかつて見たことないよ。ものにするのに6か月はかかることを、彼は1か月足らずでやってしまうんだ」とナカシマの物覚えの良さに同氏が驚愕している様子を伝え、「ナカシマは2回戦で第5シードのアレックス・ズべレフと対戦。非常に大きなテストになるだろう」と次戦に期待を寄せた。

 次世代のスター候補として注目を集める存在になりつつあるナカシマ。世界ランク7位の格上ズべレフを相手に、アップセットを演じることができるだろうか。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集