[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

西岡良仁を翻弄 元世界No.1マレーの“芸術的ロブ”に米実況脱帽「信じられない」

テニスの全米オープンは1日(日本時間2日)、男子シングルス1回戦が行われ、元世界ランク1位のアンディ・マレー(英国)が西岡良仁(ミキハウス)にフルセットの末に勝利。2回戦進出を決めた。4時間30分超えの死闘の中、第5セットにマレーが披露したロブショットに注目が集まっている。実況が驚きの声を漏らした1打を大会公式ツイッターが動画を公開。ファンからも注目が集まっている。

4時間30分超えの死闘の末、西岡良仁を破り2回戦進出を決めたアンディ・マレー【写真:AP】
4時間30分超えの死闘の末、西岡良仁を破り2回戦進出を決めたアンディ・マレー【写真:AP】

4時間30分超えの死闘をマレーが制す

 テニスの全米オープンは1日(日本時間2日)、男子シングルス1回戦が行われ、元世界ランク1位のアンディ・マレー(英国)が西岡良仁(ミキハウス)にフルセットの末に勝利。2回戦進出を決めた。4時間30分超えの死闘の中、第5セットにマレーが披露したロブショットに注目が集まっている。実況が驚きの声を漏らした1打を大会公式ツイッターが動画を公開。ファンからも注目が集まっている。

【特集】人馬が築く信頼関係 言葉を超えたコミュニケーションで目指す共通のゴール / 馬術・戸本一真さんインタビュー(GROWINGへ)

 2年ぶりに全米オープンに帰ってきたマレーが魅せた。第5セット、2-3と追いかける展開の第6ゲームだ。西岡のサーブをバックハンドで返したマレー。しかしこのリターンが西岡のチャンスボールに。フォアハンドで強打され、ネット近くまで距離を詰められる。しかし次の瞬間だ。

 待ってましたとばかりに、マレーがバックハンドでロブショット。意表を突かれた西岡は反応できず。大きな弧を描いたボールはコートぎりぎりに決まった。会心のショットを打った本人もガッツポーズだ。

 この1打に実況は「信じられないロブだ。このタイミングで」と感嘆の声を漏らした。大会公式ツイッターも芸術的ロブショットの実際の映像を公開。海外ファンからは「素晴らしいロブ。試合を変えるショットだ」「信じられないカムバックだった」などと反響が集まっている。

 この1打で第6ゲームをブレイクしたマレー。これで勢いに乗った33歳は西岡を大逆転で撃破。4時間30分超えの死闘を制し2回戦へ駒を進めた。臀部の怪我から復帰した元世界ランク1位。2年ぶりのフラッシングメドウでの躍動に期待がかかる。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集